So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

N中キャップアート [子どものこと]

娘の中学校で毎年つくっている“キャップアート”
今年で最後になりますが、サンロード青森の北側階段踊り場に
飾られています。
ぜひ、見に行ってみて~[るんるん]
写真 2016-12-01 19 55 56_R.jpg

そういえば、受験生の子がいるみなさん~
第1次高校志望調査が発表されましたね。
いよいよ来週3者面談です[exclamation×2]
これからがラストスパートですね。
受験生のみなさん がんばってくださ~い[ダッシュ(走り出すさま)]
コメント(0) 

今日の読み聞かせ [絵本のこと]

今日は2年生のめんこちゃんのクラスへ行きました[本]

今日はいつも読んでいる絵本で、子ども達が大好きな絵本

てぶくろ―ウクライナ民話 (世界傑作絵本シリーズ―ロシアの絵本)

てぶくろ―ウクライナ民話 (世界傑作絵本シリーズ―ロシアの絵本)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 福音館書店
  • 発売日: 1965/11/01
  • メディア: 大型本


次々といろんな動物が出てきて、てぶくろに入ってきます。
子ども達は「え~もう入れないよ!」とざわざわし始めます。
“次は何の動物が出てくるかな~”そんな子ども達からのわくわくドキドキ感が
伝わってきます[るんるん]
わい めんこいじゃ[揺れるハート]
コメント(0) 

市長選の結果 [政治のこと]

昨日行われた青森市長選は、民進・共産・社民の野党共闘で臨んだ選挙でしたが、
残念ながら渋谷てつかずさんを当選させることはできませんでした。
県議を辞職してまで野党共闘候補としてたたかってくれた渋谷さんには
心から感謝申し上げます。
しばらくはゆっくり休んでほしいと思います。

さて、投票日翌日の今日は、新しく市長に当選した小野寺新市長が
登庁されました。
職員に対する訓示では「連携・傾聴・挑戦」という3つの言葉を送っていました。
その後、各会派にあいさつ周りをしていました。
一部会派の議員の声に翻弄されることなく、多くの市民の声にしっかりと「傾聴」していただきたい
と強く願うものです。
自民党色を薄めた選挙戦になりましたが、三村知事べったりのあたりは
自民党市政復活も時間の問題ではないかと思います。
私たち共産党市議団の役割をしっかり果たし、市民の声を
ぶつけていきたいと思います。

私自身は鹿内市政であっても、小野寺市政であっても
基本的スタンスは全く変わりません。
もしかしたら鹿内市政に一番厳しかったかもしれません。
出発点は市民の声ですから、だれが市長になったとしても、その声を
議会に届けて、その願い実現のために、全力でぶつかるのみですから。。。
これまで鹿内批判に終始してきた議員のみなさんや
鹿内市政の与党と豪語してきた議員のみなさん方が
どのように変化するのか楽しみでもあります。
すりすりしていく様子が目に浮かびます。
ああ~やだやだ[どんっ(衝撃)]
コメント(0) 

選挙公報音声版は県内初! [政治のこと]

今年3月議会で質問した情報のバリアフリー化の一貫として、
「選挙公報の音声版」が作成され
現在行われている青森市長選挙から実施されています。

改正障害者基本法に、第28条選挙における障害者への配慮義務が位置づけられました。
主に、国政選挙における障害者の投票環境についてのものですが、総務省も選挙公報を
発行している自治体は、国政選挙に準じることがのぞましい!と言っています。
これまでも点字版はありましたが、音声版の選挙広報は県内初!の取り組みとなります。
(こういうところをもっと丁寧に取材してくれたらなー♪)

氏名や政党名だけではなく、選挙公報に載っている全文(イラストや写真、アンダーライン以外)を
音声化あるいは文字化したものを、求めました。

青森市選挙管理委員会に確認したところ・・・
音声版CD 70枚
点字版 75部
拡大版 45部発行しました!とのこと。
予算は10万5100円

視覚障害者といっても、すべての人が点字を読めるわけではありません。
むしろ点字を読める人のほうが少ないそうです。
音声版は視覚障害者のためであり、また知的障害者にもとても有効だと
位置づけられています。

今回の選挙で障害者のみなさんに、音声版選挙公報が届けられていることと思います。
ぜひ、選挙公報を参考にして、投票したい!と思ってくれたら、
これほどうれしいことはありません。

これからも障害者のみなさんのための、情報のバリアフリー化を進めます!

コメント(0) 

学校の多忙・子どもの部活 [日記]

今日の午前中は、民主教育を考える県民連合主催の講演会が
ありました。

第1部は、中学、高校で部活にかかわっている先生と保護者の
シンポジウムとフロア発言で、
現実にどうなっているのか深めました。
中学校で副顧問をしている先生は、
22時まで仕事をしている現状や、
日曜日の練習試合も現地集合現地解散に
なっている現状など、
保護者の負担の問題も話されていました。

第2部は、弘前大学生涯学習教育研修センターの
深作 拓郎先生を講師に、
放課後から見える子どもたちの世界と題し、
講演されました。

講演の中で、いま行われている放課後の
様々な取り組みは、
大人の視点が強く、大人が心配だから!
大人が安心するため!のもので
あることが、問題だと指摘。
本来は、子どもたちがつくる子どもたちの時間のはず!
この視点が大事!だと強調されていました。
最後に、大人の子どもを見守る力量が必要で、教える・指導・叱るだけの
教育方法ではなく、
子どもの力を引き出す力量が求められている!と話されていました。

時間がなく、もっと聞いてみたい講演でした。
また、機会があったらぜひお願いしたいです。

いまの子どもたちが置かれている現状を
様々な人と共有し、
何が出来るか一緒に考えていきたいと思います。


iPhoneから送信
コメント(0) 
共通テーマ:moblog

激戦の様相 [日記]

青森市長選いよいよ終盤に差し掛かりました。
本日祝日のためもっとも人が集まるヨーカドー付近は
激戦区となりました。
渋谷てつかず候補は13時から街頭演説の予定でしたが、
先に官僚候補がはじめてしまいました。
そこには、同じく官僚出身のむつ市長と
三村知事がいて、政策よりも2人の持ち上げのような演説でした。
アウガに市役所を入れて、新しい市役所は半分にする!
っていうけど、市民に不便を強いることになることは、
全く頭にないようです。
全国では、集約化が図られているというのに…
さらには、国とのパイプを盛んに強調しています。
国に物が言えない市長で、市民の暮らしが守られるでしょうか?
総務省のための政治をやってもらっては困ります。
青森市民のための政治ができるかどうか、が問われています。
最後まで全力でかんばります!

雪が横なぐり状態でした。
さんび〜



iPhoneから送信
image1.JPG

コメント(0) 
共通テーマ:moblog

青森ジュニオケ定期演奏会大成功 [子どものこと]

昨日、11月20日は青森市長選挙の告示日ではありましたが、
私は土日ともジュニオケのお手伝いで、朝から晩まで缶詰状態でした。
小さな低学年の子から大人までが一同に介し、1つの曲を作り上げていく姿は、
スポーツ種目のような根気と耐力が必要ですし、一方では繊細であり、
相手の音の1つ1つに耳を傾けなければいい演奏が出来ない過酷さ?というか
集中力が必要で、見ているだけで、感動してしまいます。

写真 2016-11-19 15 49 41_R.jpg
写真は、前日のリハーサルの様子

さて、当日はいろいろな行事とも重なり、今年は入場者が少ないのでは?
と少し心配していましたが、なんと開場30分以上前に入場待ちの列が出来始め、
なんと[目]なんと[目]
昨年をも大きく上回る740人
入場者を迎えることができました[exclamation×2]
空席はぽつぽつをあるだけで、ほぼ満席状態となり、
子ども達の演奏にも力が入ったのではないでしょうか(いい意味でね)
今年は、沖館小学校の音楽部の子ども達も友情出演し、
花を添えてくれました[かわいい]
みんな、めんこいじゃ~

我が家の娘も定期演奏会の参加は2回目ですが、
定期演奏会ごとに子ども達が大きく成長しているのではないかと思っています。
娘は定期演奏会を最後に受験勉強に突入するため、
しばらくお休みになりますが、音楽を通して大きく成長していく姿は
親ばかですが、うれしい限りです[るんるん]

写真 2016-11-20 18 50 52_R.jpg
近所のSさんが持ってきてくれたお花[かわいい]
ありがとうございます[るんるん]
夏になると窓を開けてピアノを弾いている娘の演奏を聴いて、
かげながら応援してくれているSさん。
時々ご自宅にグランドピアノが眠っているから、「弾きに来て」と
声をかけてくれるので、お言葉に甘えています[揺れるハート]
いろいろな人に支えられながら、成長できる幸せをかみ締めています。
コメント(0) 

議運の視察in大分2 [日記]

今日は大分市役所に行って、議会改革の取り組みについて視察しました。

大分市の場合は、政策研究会を立ち上げ、
各会派や議員から、政策提案をプレゼンしてもらい、
その中からテーマを決め、条例作りを進める!と言うスタイルを取っています。
この間、3つの条例と1つの提言を行なっています。
そのためには、まずは事務局の体制強化から始めたそうです。
青森市とは人口も財政規模も違うので、すぐに同じようにはできないと思います。
見習うべきことは、議員自らがもっと勉強することのように感じました。
もし大分市と同じようにやろうと思ったら、
それを担う議員だけに負担が集中してしまいそうな気がします。
そこまでして理念条例が必要なのか?ということにもなりかねません。
議員の自己満足に終わることのないようにすることが肝心ではないかな。
そのためにも私は、市民の声から出発すべきだと思います。

今日は改革に留まらず、議会のシステム的なことにまで、話が広がりました。

さて現在、羽田で2時間もの自由時間にブログを書いています。
あと1時間なにすっかなー
ゆっくりスコーンとコーヒー飲んでよーと!

写真は、大分市議会議場と大分駅とどうでもいいスコーンとコーヒー!






iPhoneから送信
image1.JPGimage2.JPGimage3.JPG

コメント(0) 
共通テーマ:moblog

議運の視察in大分 [日記]

今日は議会運営委員会の視察で大分に来ています。
今日は移動日です。
大分市は、中核市議会改革度ランキングで2位となっています。
ちなみに青森市は、21位!
1位は、大津市となっています。

市民の請願権に制限をつけたり、
市民の意見表明に議会の同意を明記したり、
全くと言っていいほど、議会改革は前に進んでいません。
むしろ後退しています。
開かれた議会にしていく!と宣言した議会基本条例を作ったものの、
市民にとって開かれた議会にはなっていない現実を
それぞれの議員がどう受け止めているのかわかりませんが、
ぜひ明日の視察を生かしてほしい!
と強く強く願うものです。

今日の大分は18度!
コートを着てきましたが、いりませんでした。

写真は、大分空港の様子。
足湯まであるなんて、さすがおんせん県ですね。



iPhoneから送信
image1.JPGimage2.JPG

コメント(0) 
共通テーマ:moblog

市長選! [日記]

今日は市役所前で、
渋谷てつかず候補と
鹿内前市長と古村一雄さんが
街頭演説する!というので、
応援に行ってきました。

鹿内前市長はたくさんの前に進めた実績を
7年半前に戻してはならない!
市民が主人公の市民の市政を
ぜひ継続してもらいたい!
と、力強く訴えました。
こんな元気な博は、久しぶりに見たような
気がしました!
この選挙戦、勝手に応援している!と
強調していましたが、勝手にしかし全力で、
博の力を貸してほしいものです。

てつかずさんもだいぶ迫力が出てきました。
今日は、南スーダンの話をしませんでしたが、
やはり青森の自衛隊員の命を守れ!の
戦いにしなければいけないと思うのです。
大きな争点にして、平和の願いをひろげる選挙に
したいものです。




iPhoneから送信
image1.JPGimage2.JPG

コメント(0) 
共通テーマ:moblog
前の10件 | -