So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

質問通告 [仕事のこと]

今日は3月議会一般質問の通告日でした。
各議員の日程をお知らせします!

3月2日(木)2番目:藤原浩平団長
1.市長の政治姿勢について
 ①南スーダンの自衛隊について
 ②職員給与について
 ③予算特別委員会について
 ④市役所庁舎とアウガについて

3月3日(金)2番目:山脇智市議
1.アウガ・市役所庁舎に係る新たな対応方針について
2.防災について
3.働き方改革について
4.市民と市長のなんでもトークについて

3月6日(月)4番目:天内慎也市議
1.市長の政治姿勢について
 ①地域医療のあり方について
 ②組織・機構の見直しについて
2.教育行政について
3.浪岡地域自治区の行政運営について

3月7日(火)2番目:村川みどり
1.就学援助について
2.地域包括ケアシステムについて
3.住民税特別徴収通知書について
4.セクシュアル・マイノリティーについて

3月8日(水)1番目:舘田瑠美子市議
1.消防団について
2.合葬墓について
3.岡田橋について
4.学校のトイレについて
5.国民健康保険について

ぜひ傍聴においでください[るんるん]
コメント(0) 

定時定点11周年 [市議会議員として]

今日は私が市議に立候補する!と決めて、街頭宣伝をはじめた
「11周年記念の日」でした。
2017-02-20 07.26.44_R.jpg
11年間欠かさず、毎週月曜日7時半からの定時定点[位置情報]

今日は私を含めて総勢7人で元気に街頭宣伝をおこないました。
すわ県議がこれなかったのが残念ですが・・・[あせあせ(飛び散る汗)]

まずは、毎週欠かさず一緒に参加してくれる私の両親[るんるん]
母も認知症と診断されてから3年過ぎますが、
街宣だけは忘れず来てくれるのです。
それから、Mさん。Mさんも私の最初の選挙のときから、
SPとしてずっと一緒に行動してくれました。
そしてTさん。最近は心臓病で、寒い冬の街宣はお休みしてましたが、
今日は記念日という事で、参加してくれました。
母の代からの応援者なので、母がとっても喜んでいました[るんるん]
そして、奥さんが体調不要で入院しているT氏。
これまではご夫婦で参加してくれていましたが、今日はお一人で参加。
そして初参加は、Sさん。
ホームレス状態で青森に帰ってきて、日本共産党に駆け込んできたSさん。
それ以来ずっと応援してくれています。

いつも多くのみなさんに支えられていることに、
感謝です[るんるん]
ありがとう[揺れるハート]
コメント(0) 

2月の常任委員協議会 [仕事のこと]

2月の常任委員協議会は、3月議会に提案される予定の議案と報告事項が出されます。

今日の総務企画常任委員協議会も、2時間みっちり協議しました。
中でも市職員の給与を10%~5%カットするという議案では、
「この間組合と何回協議してきたのか?」
総務部長「団体で1回と、委員長と個別に数回」と答弁。
「市長は24日までに結論出す!ってテレビで言ってたけど、
結論出せなかったらどうするんですか」
総務部長「説明を尽くす!としか言えない」
(ここで平行線をたどる・・・)

そもそも組合と協議も始まっていない段階で、
勝手に発表してしまうほうに問題があるのです。
しかも、アウガの債権放棄で、市民にツケを回すことになる。
組織としてお詫びの意味を示すために、全職員の給与カットを
実施するっていうけど、市民にツケをまわす!というなら
無駄な大型公共事業である、駅の自由通路をやめれば
44億円浮くことになります。
一般財源投入しなくてもいいし、給与カットもしなくてもいい!
こういう決断をすることこそ!リーダーシップというのではないでしょうか?
勝手に物事を決めて、話合いもしないで即断即決することが
リーダーシップだと勘違いしているのではないでしょうか?


コメント(0) 

今日の読み聞かせ [絵本のこと]

今日は5年生のめんこちゃん[るんるん]

高学年に行くのは久しぶりでした。
さて、今日は先日購入したこの本を読んでみました!

いのちのはな

いのちのはな

  • 作者: のぶみ
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2016/11/09
  • メディア: ハードカバー


最初、作者の「のぶみさん」のお話をしてから、絵本に入りました。
背表紙には、マンガ形式のこの本が出来るまでの説明も書いてるので、
そこまで読んだら15分もかかってしまいました。
たくさんのメッセージが込められているので、なかなか伝わりにくい部分もありそうですが、
ほんの一部分だけでも感じ取ってもらえたら、それで良し!と思っています。
登場人物には、チューリップのピピとタンポポのポポ太郎や
バラのバーバラなどが出てきますが、
やっぱりポポ太郎!登場のところで、反応がありました!
1年生のときから読み聞かせをやってると、高学年では
すぐに絵本を聞く体制に入ります。これってなかなか出来ることじゃありません。
さすがです!
読んでいる私たちも、絵本を押し付けるんじゃなくて、
一緒に楽しい時間過ごそうね[るんるん]という感じで、
やっているのが、いいのかな[揺れるハート]

コメント(0) 

病院運営審議会 [日記]

今日は、改組後初の病院運営審議会が開かれました。
4年ぶりに委員に復帰しました。

今日の案件は、当初予算についてです。
29年度の当初予算案は、約8億円の赤字見込みで、
資金不足率は、8.27%
会計基準見直しによる経過措置の終了によるものもありますが、
それにしても、予算案からして、赤字見込みってダメでしょ!
今年度中に、経営改善計画を策定する!
ということでしたが、
果たして、地域医療構想との関係から見ても、
抜本的な改善策が見出せるのかは、
不透明というか、不可能というか?

それから、私が一番強調したのは、
職員給与の引き下げをみこんだ予算案であること。
医師は除かれていますが、やはり看護師も除くべきだということ!
いま新青森駅近くに大きな病院が出来、
もうすでに引き抜きが始まっているかも
知れない状況のなか、
一般職まで給与の引き下げしたら、
この流れが加速してしまう!
病院として、職員の給与引き下げに何らかの行動起こすべきだ!
しかも、以前は震災があり、痛みを分かち合うなどの理由で、
給与引き下げやられましたが、
今回はアウガの債務超過!
一般職には関係ありません。
私は同意できない!と主張しました。

そしたら、審議会終了後、ある先生が
「言いたかったこと、言って頂きありがとうございました。」
と話し掛けてくれました。

本当に今後3年から5年後には、職員不足でどうなるかわからない!
と危機感を持っている、と話されていました。
赤字どころか、病院の存続がかかっている問題だということなんです。

そんなこともわからず、ただ闇雲に独断で、給与カットを実行しようとしている
市長には、現場の声を聞く姿勢すらないのでしょう…
職員には、『傾聴』と言っておきながら、
お前が一番傾聴してないじゃん!


iPhoneから送信
コメント(0) 
共通テーマ:moblog

お偉いさんですか? [今日の出来事]

今日開かれた各派代表者会議で、
予算特別委員会に市長が出席しない方針が示されました。
これまでの鹿内市長は当然出席し、聞かれれば自ら手を上げて
答弁する場面もありました。

今日の総務部長の説明では、就任当初は始めての予算特別委員会なので
出席したが、市長が応えなくても部長や理事が的確に答弁しているため、
出席しなくても大丈夫だと判断したのだそうです。
予算委員会中は、市長室で待機しているのだそうです。

だったら出ろよ!言いたくなるのは
私だけではないはずです。

悪名高いあの佐々木市長でも、当初は予算委員会に出席していましたが、
与党といわれる会派の議員が、「市長は忙しいだろうから、出席しなくてもいい!」と
議会から提案して、出席しないことになったのだそうです。

今回、特別に議会からそうした申し入れを行ったわけでもないのに、
就任してまだ数ヶ月の市長が、議員との質疑を欠席するとは、
一体何様のつもりなのでしょうか?
議員は市民の代表です。議員の声を聞かない!というのは
市民の声を聞かないのと同じことです。
元官僚のお偉いさん根性が露呈してきましたね。

鹿内市長でも?出席していたのですから、
小野寺市長が特別忙しいというわけではないはずです。
議会軽視もはなはだしい[むかっ(怒り)]
コメント(0) 

今日のお客さん [今日の出来事]

今日も議会控え室には、次々といろんな方が訪ねてきてくれましたが、
久しぶりに来てくれたのが、Mさんでした。

なんとMさんは、かれこれ4年以上前になるでしょうか?
ホームレスのように各地を転々と放浪して歩いている中、
青森に来て駅周辺の道路に座っていたら
『市役所の共産党にいきなさい!』と近くを通った知らないおばさんに
言われてきました、と控え室に突然きたのでした。

青森に落ち着いてきちんと生活していく覚悟と決意があるのなら、
そのためのおてづだいはするけど、どうする?
と聞いたら、Mさんは、
「青森にきたら、安方に住んでいるという知らないおばさんが、
自分に食べ物を分けてくれたり、親切にしてくれた。
だから、もう放浪は止めて、青森に落ち着こうとおもう」
という事だったので、急いで手続きをし、住まいを見つけ、
生活再生に向けスタートしました。
何度か、職も転々としましたが、今は自分に向いている仕事を見つけて
2年過ぎた、と。
「もう放浪はしないので、安心してください」と話してくれました。

しっかり前を向いて生きていることがわかり、
本当によかったな、とうれしく思いました。

コメント(0) 

今日の読み聞かせ [絵本のこと]

今日は2年生のめんこちゃんのクラスへ[るんるん]

インフルエンザがはやっているようで、ほとんどみんなマスクをつけていました。
今日は一人だけインフルでお休みしているそうです。
各学年毎月1回の読み聞かせしか出来ないのですが、
毎月毎月絵本に触れることで、しっかり聞く姿勢ができて、
楽しみに待っていてくれるようになります。
そして、絵本を読みはじめると、パッと絵本に集中して聞いてくれるように
なります。この1年間で、大きく成長した様子が見られます。
私的には、もっと子どもらしくおしゃべりしたり、ちょっかい出したり、
突っ込みをいれたりしてくれてもいいのでは?と思うこともありますが。。。

さて、今日はちょっと過ぎてしまいましたが、「節分」つながりで、
この本を読みました。(毎年読んでます)

おにたのぼうし (おはなし名作絵本 2)

おにたのぼうし (おはなし名作絵本 2)

  • 作者: あまん きみこ
  • 出版社/メーカー: ポプラ社
  • 発売日: 1969/08
  • メディア: 単行本


いわさきちひろさんの絵がやさしいおにをよくあらわしていて、
40年以上前の絵本ってほんといつまでもいつまでも
子ども達に語り継がれるものがあるなーと感心しながら読みました。
鬼といえば・・・
「泣いた赤おに」という絵本も有名です。
昔、息子とおなじ学年の女の子が(いまや高2)「これ読んで!」
と言って持ってきてくれたのが、「泣いた赤おに」でした。
この本が大好きなのだと教えてくれました。
青おにが赤おにのことを思う優しいおにを絵本ですよね。

1冊でも「この絵本大好き」と思える絵本に出会える
おてづだいができればいいな・・・と思っています。
コメント(0) 

議会報告 [仕事のこと]

議会が終わるごとに、「議会報告」を作って、
地域のみなさんに配っています。

12月議会は、たくさん質問したなかの
○児童扶養手当の月払い
○運転免許自主返納者支援事業
○市民病院救急外来での徴収料金のこと
○弱視児童の特別支援学級
○小中学校の部活動のあり方
以上の5点を掲載しました。

地域支部のみなさんが手分けして配付してくれています。
今回は特に市民病院の救急外来の件については、
多くの市民から問い合わせがありました。
・記事をみて詳しく教えて欲しい
・子どもが救急に行って、5400円取られた意味がわかった。
・納得いかない
・おかしい
などなど、これまでにない反応をいただきました。
私の議会報告をきちんと読んでくれているんだな~と
あらためてうれしくなりました。

私自身もいまだに納得できていません。
おかしいものはおかしい!と声を上げていくことが必要です。
引き続き改善を求めたいと思います。

市民病院の救急外来の質問は・・・
ある市民の方からのお手紙でした。3歳の孫が日曜日に怪我をして、市民病院に行ったら、紹介状を持ってこなければ、5400円徴収される、ということに、どうしても納得がいきません。医療費は無料化になり大変助かっているのに、なぜ紹介状がないから5400円徴収されなければならないのか?というものです。市民の方のお手紙を紹介し、全国の500床以上の病院での対応を調査した結果、救急車で運ばれた場合は、徴収しない!などの対応している病院もあることから、青森市民病院でも再検討しては?と質問したが、「検討しない」と答弁した。というものです。
とりわけ、子どもはいつ熱を出すかわからないし、救急センターがあるとは言うものの、
19時からなので、それまではどうしても市民病院を利用せざるを得ません。
十分な医療の環境整備も整っていない状況で、「紹介状がなければ」と救急車で
運ばれても徴収されるのは、どう考えても納得できるものではありません。
救急車に乗ってから、紹介状をもらいに回って来い!とでもいうのでしょうか?
知らずに徴収されている人もいるようですから、きちんとした説明責任も
十分果たしていないのではないでしょうか?
コメント(0) 

つくったどー [日記]

毎年恒例になった恵方巻きつくったどー
いつもの焼肉巻きでーす!
もう子どもたちも大きくなったので、
豆まきはしないけどね…


iPhoneから送信
image1.JPGimage2.JPG

コメント(0) 
共通テーマ:moblog
前の10件 | -