So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

街頭演説会 [日記]

今日は日本共産党街頭演説会でした。
天気が心配でしたが、すっきり晴れて、
青空が見えて始まりました。
ハガキでご案内した方々がたくさん来てくれていました。
司会は山脇市議。
スピーチゲストに坂本麻衣子さん。
選挙区候補の赤平ゆうとさん。
メイン弁士に高橋千鶴子衆院議員。
聴衆は350人主催者発表。
今の国会のこと、たくさん聞きたいことありましたが、
共謀罪をめぐる動きはリアルでした。




iPhoneから送信
2017-05-27T23:13:52.JPG2017-05-27T23:13:52.JPG

コメント(0) 
共通テーマ:moblog

最低限度の生活 [政治のこと]

全国で多発している「生活保護費の過誤払い」ですが、
青森市でもよく相談が寄せられます。

2月1日東京地裁は
「生活実態、当該地域の実情等の諸事情に照らし、返還金の返還をさせないことが相当である」
という判決を下しました。

都内在住のYさんは、シングルマザーで中3の娘と生活保護を受給。
Yさんは、収入申告していた児童扶養手当を、1年3ヶ月にわたり福祉事務所が
収入認定せず、過誤払い59万1300円を分割して払うよう求められていたもの。

Yさんの担当弁護士は
「“資力がない場合には返還額をゼロ円にすることも認められる”ことを正面から認めた判決だ」と評価。
「判決は、福祉事務所が返還を求める場合は、保護利用者が最低限度の生活を営むことが
できるか否かを検討した上で、返還額を決めなければならないことを明らかにした」
ことも重要だと強調しています。

さて、今日も同じような市民が相談に見えていましたが、
青森市はどのように対応するのでしょうか?
判例を重く受け止めるべきです!
コメント(0) 

親の期待・・・ [子どものこと]

先日、ピアノコンクールに出場した娘ですが、
残念ながら、入賞はできませんでした。
進学校に入学してからの毎日、勉強とそして経験のない野球部のマネという
忙しい日々に終われ、少ない時間でコンクールにチャレンジしました。
そばで見ている親でさえ、心配になるくらい忙しく
「コンクールはちょっと無理なんじゃない?」と一言言ってしまいそうなくらいでした。
それでも娘の挑戦を、親の私が応援しないで、だれがする!と思い立ち、
後方支援してきました。
コンクールでは、高校生以上が参加するコースに初挑戦しましたが、
どの子もレベルも意識も高く、「全国の切符を手に入れたい!」と
という気持ちがつたわってくる演奏でした。

私自身は、子どもにあまり期待を押し付けないようにしているつもりですが、
やるからには、上を目指してがんばって欲しい!なんて、思ってしまうわけなんです。

でも・・・
子ども達が小さいころは、このままでいてほしい!
健康で元気で生きてくれればいい!
とだけ思っていたはずが、ついつい親の期待を知らないうちに
押し付けていることがあるかも知れません。
息子はあと半年、娘もあと数年すれば、親元を離れてしまいます。確実に。
一緒にいられる時間を大事にして、
“だた元気でいてくれればそれでいい”そう思うようにしています。
コメント(0) 

議会のこと [日記]

今日、午前中、各派代表者会議で、
清風会と新政会から辞職した議会運営委員の新たな者案が出された。
勝手に辞めときながら、なんと!
これまで通り議運の委員長と副委員長を
やらさせてほしい!と言ったと
言うではありませんか?
よくめぐせぐねぐ(恥ずかしくなく)
そういうことが言えるもんだ!と
聞いて呆れてしまいました。
各派代表者会議では、議長預りとなったようですが、
おそらく今度の議運では、委員長の選挙が
行われることになりそうです。
議会運営を混乱させておきながら、
委員長ポストがほしいというふざけた奴らには、
謝罪と反省と説明責任があると思います。
それをうやむやにしたまま議会運営に関わる資格なし!
と言うべきでしょうね。
付き合っているのも、バカバカしい。
いい加減にして〜♪
iPhoneから送信
コメント(0) 
共通テーマ:moblog

目に見えないものの恐ろしさ [市議会議員として]

目に見えないものとは、「おばけ」ではありません。
空気のことですが、
先日、市の関連する施設で行った修繕工事による健康被害の相談が寄せられました。
明らかにその工事直後に、しびれや動悸などが発症しているのに、
市は、「いままでそういうことはない!」とか、「国の基準を満たしている」
などと言うのです。
工事によるものであるならば、そのことを客観的に証明するのがスジだ!的な
発想なのです。

どうしてもっと市民の立場にたってあげられないのでしょうか?
目に見えない空気によって、具合の悪い体になってしまった市民に対し、
どうしてもっと寄り添ってあげられないのでしょうか?

たとえ市の責任でなかったとしても、責任逃れに終始するのではなく、
市民のために何ができるのか、一緒に考えるスタンスに立つべきだと思うのです。
とても残念でなりません。
コメント(0) 

昨日のこと [日記]

昨日、藤原市議団長の自宅に咲いている「藤を見る会」を
わが市議団と団長奥様と、そして!
なんと!なんと!
天内市議の彼女さんも一緒におこなったのであります!

藤も本当に立派だったのですが、
みんなの注目はなんと言っても、初顔合わせの
天内市議彼女のMさんなのでした。
本当にきれいな方で、素直で可愛らしい方でした。
天内市議の誠実でまじめで、自分に似てる境遇もあり、
優しく大事にしてくれる所に惚れたのだそうです。
これからゆっくり2人の時間を大事にしながら、
次のステップに進んでいければいいなーと思います。
お幸せに〜

団長の手作りおもてなしと、舘田市議のローストビーフは
最高に美味しかったです!



iPhoneから送信
2017-05-17T17:14:33.JPG

コメント(1) 
共通テーマ:moblog

戦前の時代に・・・ [今日の出来事]

毎週火曜日、途切れ途切れではありますが、支部と地域まわりをしています。
平日の午前中なので、半分以上はお留守なんですが、
「こんにちは~市会議員の村川みどりです~ごあいさつにきました」
とインターホン越しに言うと、在宅の場合はほぼ100%開けてくれます。
よく古い党員に聞くと、「昔は共産党と言うだけで、開けてもらえなかった!」という
話を聞いたことがありますが、今はまったくそういう事はなくなりました。

さて、今日は昭和8年生まれだと言う方と対話することができました。
写真付の名刺を渡すと、本人だと気づかなかったようで、
「本人です!」というと、「わい~写真よりも実物のほうがわげ(若い)!」
と言われ、久しぶりに素直に喜んでしまいました[かわいい]
(今日の一番言いたいところ笑)

「いまのあの法律(共謀罪のこと)だば、まいね!絶対にまいね!」
と昔の経験を話してくれました。
ちょうど12歳の頃、2階に住んでいた学生が、特攻に連れられて行った。
父親に聞いたら、ただ共産党の本を借りて見ていただけで、
連れて行かれてしまった。
「なんでそんなことで捕まるの?」って父親に行ったら、
「そういうこと外では絶対に言ってはだめだ」と怒られた。
おそろしくて、その学生はどうなったのかは、父親は教えてくれなかった。
あの時代には絶対にもどぜばまいね!
ただおそろしいもんでねっっっ!!!

こんな話を教えてくれました。
さらには青森空襲の際、疎開先から戻ってくるように指示が出て、
戻った友だちみんな死んでしまった!という話もリアルなものでした。

戦前の時代に絶対に戻してはならない!
共謀罪は廃案に!
コメント(0) 

面接における違法な質問 [仕事のこと]

今日のしんぶん赤旗記事から。

大学生の就職活動が本格化してくる中で、
「転勤できるか」と聞かれた学生もいるとか。
東京労働局雇用環境・均等部指導課の大高さんは
「転勤できるか聞くのは、男女雇用機会均等法第7条の間接差別に当たる場合がある」
と言います。
また「法律の範囲内で、残業できるか」と言う質問も。
これも、同じ企業で、男性にだけ、女性にだけ残業できるか、聞くことは
上記法の間接差別にあたるそうです。
気づいたことがあったら、各都道府県の労働局へ相談してほしい、と。

2016年4月から施行の女性活躍推進法により、従業員が301人以上の事業所は
労働者の女性に占める割合や、採用10年後の男女別の継続雇用割合など
公表することが義務付けられたそうです。(厚労省あるいは自社のHP)
事前に企業の情報を調べておくことも重要だと、大高さん談。

さらには、家族構成や家族の職業を聞く事や本人の責任のない事項(本籍や出身地)
思想信条にかかわること、「尊敬する人物」「読んでいる本」「購読新聞」なども、
就職差別につながる!と指摘しているのが、東京新卒応援ハローワーク雇用指導官の岩崎さん。

厚労省は事業主に、本人の適性、能力を採用基準にしてください、指導している。

必要のない質問や人権侵害にあたる質問には、答えない権利もあるということを
多くの大学生がしっかり知識を身につけておくことが大事ではないかと思います。


コメント(0) 

道徳の授業 [子どものこと]

日本共産党中央委員会が発行している「女性のひろば」6月号が届き、
パラパラとめくり読みしていた。
今月号の特集は「学校が大変だ!」
その中の投稿に目が止まった。
東京在住の小学校高学年の子どもを持つ方が、先日、授業参観に行ったら、
「道徳・公開授業」が行われていた。内容は「プロを夢見る野球少女」という
NHKの教材ビデオを使い、「人生はチャレンジだ」というテーマで考えさせるものだった。
授業は、画像を見ながら途中でビデオを止め
「この少女をどういう気持ちだったと思いますか?あなたならどうする?」と
先生が質問し、児童に答えさせるもの。
他の教室でも、全く同じ画像で同じ場面で同じ質問をしていた!
というものでした。

実は今日、青森市内のある中学校の保護者からも、授業参観での
道徳教育について話を聞いたばかりだった。
中学校のすべての教室で、「いじめについて」の道徳授業を行っていたそうです。
「うわっ青森でも同じことが起こっているな」と思ったのでした。
(ちなみに、いじめについての道徳授業を否定しているものではありません。
そのクラスによって、先生も違えば、子ども達の集団も違うのに、
同じことを画一的に求められることが問題だということ)

学校教育とは、そもそもその先生の自主性や独自性に任されており、
不当に市教委やましてや行政が口を挟むべきものではありません。
教材選びやさまざまな工夫をしながら、そこにいる子どもたちと
議論を重ね、お互いを尊重し、その中から人生観や社会のルールなどを
学び、深めていくものだと思うのです。
今行われている道徳教育は、画一的なものを子どもに押し付け、
国が望む「愛国心」を植えつけるものになっています。

2018年度からは道徳の評価が始まります。
先生方も困っているのでないでしょうか?
道徳の評価で、評価がいい子と評価が低い子は
何がどのように違うのでしょうか?
先生が期待する答えを出せる子がいい子でしょうか?
いろんな意見や答えがあっていいはずなのです。

私は道徳の評価化は、憲法13条個人の尊重をないがしろにするものでは
ないかと思うのです。

コメント(0) 

今日の読み聞かせ [絵本のこと]

今日は新学期最初の1年生のクラスへ[るんるん]

読んだ本は、定番のこれ[左斜め下]


でんしゃにのって (うららちゃんののりものえほん)

でんしゃにのって (うららちゃんののりものえほん)

  • 作者: とよた かずひこ
  • 出版社/メーカー: アリス館
  • 発売日: 1997/06
  • メディア: ハードカバー


そして、持って行くものといえば・・・これ!

おべんとうばこのうた (わらべうたえほん)

おべんとうばこのうた (わらべうたえほん)

  • 作者: さいとう しのぶ
  • 出版社/メーカー: ひさかたチャイルド
  • 発売日: 2013/08/27
  • メディア: 単行本


最初はゆっくり、2回目はスピードアップして、
みんなで大合唱[るんるん]

そして、最後にこれ!

うみやまがっせん (こどものともコレクション2009)

うみやまがっせん (こどものともコレクション2009)

  • 作者: 長谷川 摂子
  • 出版社/メーカー: 福音館書店
  • 発売日: 2009/02/25
  • メディア: 単行本


楽しくないわけがない本です[本]
「もう1回読んで~」
「あーたのしかった」
「次、いつ来るの~」
なんて言われると、めんこ過ぎて困っちゃいます[かわいい]

毎月各学年1回の読み聞かせの時間[るんるん]
楽しく過ごせたらいいよね~[グッド(上向き矢印)]
コメント(0) 
前の10件 | -