So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

またもや空転 [政治のこと]

今日は3月議会閉会日!

9時に各派代表者会議が開かれ、議長の辞職の申し出がありました。
9時40分議会運営委員会が急遽開かれ、「議長の辞職について」の
取り扱いについてが議題となり、閉会日のすべての日程が終了してから、
最後に追加することが了承され、10時から本会議が予定通り開かれました。

本来であれば3月議会はこれで終了となるはずが、ここで「暫時休憩」となりました。
議運では、副議長とのレクが終わり次第、副議長に再開時刻を一任することで、
了解しているので、レクが終わり次第、再開されるはずが、なぜか?
11時40分から議会運営委員会が開かれることになりました。
(そのまま再開するんじゃなかったのかな?)と思いつつも、
議運に出ると、自民清風会会派の議運の委員2人と、新政会の1人の委員が
議運に出席してこないではないか[どんっ(衝撃)]
自分たちで議運を開くように要請しておきながら、出席しない!ってどういうことよ。
その後議運の委員長が呼び出しに行ったところ、
欠席した3人が議運の委員を辞める!という申し出があった!ということで、
会議は終了となりました。
その議運の委員長も辞める事態に!

そして、そのまま昼休憩に入り、そして現在16時15分ですが、
いまだに会議の再開のメドが立っていません。
要するに、議長選挙になれば、だれを議長にするのか?
だれを副議長にするのか?まとまらないために、
このような状況になっていると思われます。

議会運営委員会の委員長、副委員長が不在となり、
議会運営がストップし、議長の辞職の申し出があったのに、
日程追加も図られず、会議時間の延長も図られていないまま、
5時を過ぎてしまえば、そのまま流会となります。

これだけ混乱させていながら、「会議時間の延長には応じろ!」というのも
あつかましいにもほどがあるってもんです。
この3月議会、予算委員会でも空転し、さらには最終日も空転し、
今日の混乱を招いた会派にはきっちり責任を取ってもらいましょう[むかっ(怒り)]
コメント(0) 

アウガ調査特別委員会 [市議会議員として]

最近娘の高校入学の準備やら何やらで、バタバタし
更新が滞っておりました。すみません[あせあせ(飛び散る汗)]

さて、今日は昨日立ち上がった「アウガ問題調査特別委員会」で、
アウガを視察に行ってきました。
1.1階の中央にある催事コーナーですが、
ここは開設当初は、水が流れる遊歩道のようなコーナーでしたが、
そこを改修し催事ができる場所になりました。
そこにただ板を張っただけのように見える工事ですが、500万も投資している問題。

2.同じく1階のジューサーバーのお店が入っている場所では、
補助金として500万と、パン屋さんに800万円が投入されていますが、
その見積もりに不明瞭な点がある問題。
2017-03-22 14.02.38_R.jpg
ジューサーバーがあった場所
2017-03-22 14.10.22_R.jpg
補助金を使って購入した機器

3.1階にあった直営店ファッション関係の店ですが、
ここにも多額の改修費をアウガが出し、専門家といわれる者に毎月95万円も払って
経営させていた問題。家賃はただ!それでいて毎月赤字!という問題。

3.食街道といわれる場所
2017-03-22 14.21.38_R.jpg
ここにも1700万円近い補助金が投入されていますが、
その使途や工事額に不明な点が多いとされています。

4.食街道のとなりにあるヤマト運輸の工事にも
多額の改修費がかかっていることや
同じ業者がかかわっているという問題。

不思議な点がいっぱいで頭が混乱しています。
3月29日(水)10時から、第1回めのアウガ問題調査特別委員会が開かれます。
ぜひ、市民のみなさんも傍聴においでください[exclamation×2]

コメント(0) 

市政シンポジウムのお知らせ [政治のこと]

3月18日(土)午後2時~アウガ5階多機能ホールにて

『アウガ・市役所・駅周辺整備事業 シンポジウム」を開催します。

日本共産党の提言の説明に加え
シンポジストとして、自治研の三上さんや新婦人の坂本さん、そして藤原市議団長の3人。
フロアーからも自由に意見を述べてもらうようなシンポジウムに
しようと思っています。
また特別発言もお願いしていますので、
それぞれの立場を尊重しながら、お互いに青森市のことを
考えていく場にできればと思います。

参加無料で、どなたでも自由に発言できますので、
ぜひお気軽にご参加ください[るんるん]

お待ちしています[かわいい]
ちなみに私は受付係りです。
コメント(0) 

議会運営委員会 [今日の出来事]

紛糾した予算委員会が終わりました。

私は今回予算委員ではありませんでしたが、
質問者の2人目で、議事がストップし、2日目も、
10時からはじまった予算委員会が30分で「暫時休憩」となり
2日目は夜の10時まで予算委員会が行われていたようです。
そして3日目は、なんとか5時で終了という紛糾議会となりました。

今日の議運では、予算委員会で議決された「アウガ問題に関する調査特別委員会」の
定数や所管事項、担当課を話合いました。

「予算委員会のように定数25人で」
「議運同様3人に1人で」
「会派×2+無所属で15人で」
など話がまとまらず、結局定数は
「会派×2+大会派は+1+無所属」=18人で落ち着きました。

日本共産党は、特別委員会ではなく「百条委員会」の設置を求めましたが、
まずは特別委員会を作ってから状況を見て判断することになりました。
百条委員会にすれば
●証人の出頭要求
●証人尋問
●記録の提出
などの権限があり、
それには罰則規定もあります。
正当な理由なく記録の提出や出頭を拒んだときは6ヶ月以下の禁錮
または10万円の罰金が科せられます。
特別告発権というものもあります。

アウガ問題をうやむやにせずきっちりと検証することが
市民に対する私たち議員の責任だと思うのです。
コメント(0) 

さくら咲いた! [日記]

今日は娘の高校合格発表でした!
無事に志望校に合格できて、
ホッとひと安心です。
何より本人が一番不安だったと思います。
本人いわく、何が起こったのか訳わかんない!
と言う発言からも、わかります。

でも一番近くで娘のがんばりを見てきた親としては、
こんなにがんばったんだから、それでダメならしょうがない!
という気持ちで見守ってきました。
それだけに、今日の合格は本当にうれしいのです。
がんばった証は必ず将来自分のためになるはずです。
たとえ挫折を経験したとしても、
それはそれでいい経験になると思います。
これから始まる高校生活を、
精一杯楽しんで過ごしてほしい!と
願うばかりです。

とにかく、今日はおめでとう〜

iPhoneから送信
コメント(0) 
共通テーマ:moblog

卒業おめでとう [日記]

今日は娘の卒業式でした!
これで二人の子どもたちは、義務教育を終えることになります。
校長先生の飾らない式辞は、自らの経験と子どもたちの優しさにふれ、
この学校の校長であることの誇りを
語られました。
2年前にこの学校に来た時も、熱く語る校長に驚いたことを
思い出しました。

この学校で弾く最後の娘の伴奏にも感動し、
涙が止まらない親バカでした。
多くの先生方にとても可愛がられて、
見守られ、時にはいじられながらも、
有意義な3年間を過ごすことができました!
すべての人に感謝!
ありがとうごさいました!


iPhoneから送信

コメント(0) 
共通テーマ:moblog

健康づくり体操 [市議会議員として]

今日は、地域で健康づくりに取り組んでいるある町会の
健康体操を実施している様子を見てきました。
私も一緒にストレッチから、体操そして頭の体操まで
一緒にやってみました。
日常生活の一部に組み込めるような運動を取り入れていることが
やっぱり大事なんだなーという事がわかりました。
頭の体操では、みんなで笑いながら楽しく体操していました。

市内でも毎週実施しているのは、数箇所で
それも2年も続いているところは珍しいそうで、
市も包括も一緒に支援しているそうです。
町内の財政から講師料を捻出していたり、
近隣の町内に声をかけてみたりと工夫しているそうですが、
なかなか広がらない苦労などもあるそうです。
でも折角こうして取り組んできた「健康づくり」を
なんとか支える体制作りができないものかと、思います。

今日は市内を駆け回って体操指導している市の保健師が
3月で最後になる!というので、ぜひ来てほしい!と
熱いお誘いを受けたので行かせてもらいました。
今日はいつもの半分くらいのようでしたが、
みなさん楽しんで体操していたのが何よりです。
やっぱり「継続は力なり」ですね[るんるん]
こういうところに支援の手が届いてほしい。
私も微力ながら、がんばりたい!
コメント(0) 

一般質問4日目 [仕事のこと]

今日は私の質問でした。たくさん傍聴に駆けつけてくれたよん[るんるん]

1.セクシュアル・マイノリティーについて
市長の認識は?と聞いたが、市長答えず、市民生活部長答弁。
→市民の理解促進を図る
●今までの取り組みを継続するのか・
→着実に進める
●性別欄の削除の実施で、削除された証明書や申請書は、
ホームページで周知すべき
→取り組みについては周知する
(性的マイノリティーへの配慮にならない。お知らせするべきだ!と強調した)

●職員研修での府中青年の家裁判の資料削除の問題を指摘
→部長は自分は知らないが、講師の判断だ!
*勝手なこと議場で答弁されては困ります!
性的マイノリティーの市の到達度合いを示している!と指摘
今後、同じことを繰り替えなさいようと訴えました。
この府中の家裁判の判別文には、とても大事なことが書かれています。
「行政当局として、その職務を行うについて少数者である同性愛者をも視野に入れた肌理細かな配慮が必要であり、同性愛者の権利、利益を十分に擁護することが要請されているものというべきであって、無関心であったり、知識がないという事は、公権力の行使にあたるものとして、許されないことである」と断言しています。
本当に市職員として、心に刻むべきことだと思うのです。
それだけに、残念でなりません。

2.住民税特別徴収通知書について、勝手に個人番号をつけて送るべきでない!
→正しい番号を付して送付する!
●仮に個人番号を記載しない場合は、ペナルティーはあるのか?
→ない
●個人番号を記載しなければならないという根拠は
→番号法19条と地方税法321条
●番号法19号は、できる規定であり、義務ではないはず
→国の指導に従って適切に対応する
●通知書に個人番号を記載する必要性はあるのか?
→ある
*愛知では、全自治体で調査をし、全自治体が「必要性はない」と答えている!
事業主が住民税の天引きする際には、個人番号は必要ありません!
●全国では見直しが始まっている。考えなおすべき
→法令にしたがって事務を行う
●かりに番号が漏洩した場合、だれが責任取るのか
→安全な措置を講じるように求められている
*勝手に番号が送られ、管理体制も不十分のまま、漏れればその責任まで負わされ、
多くの中小企業は迷惑している。
国民を監視管理を強めるためのものであり、この制度の問題を今後も明らかにしていく!

3.就学援助について
●小学校も入学準備金は3月支給にすべき
→学校教育法19条には学齢児童と明記されているため、入学前の児童には支給できない!
●全国では今60を越える自治体が、3月支給に踏み出している、調査したのか?
→昨年の10月に大分市を調査
●全国では、要綱や規則を改正し、入学予定者にして実施に踏み出したり、
どこの自治体でも学校教育法があるからできない!という事はないといっているが
なぜ青森市はできないのか?
→要綱に基づいて適正に実施している
●予算も変わらないし、要綱を改正するだけで実施できること
なぜやらないのか!
国からは「児童生徒が援助を必要とする次期に速やかに支給できるよう十分配慮するように」
通知が来てるじゃないか!なぜそれに基づいてやらないのか!

こんな感じのやり取りがありました!
今日は市長に絡みませんでした[あせあせ(飛び散る汗)]

明日は、10時から館田市議です!
ぜひお越しください。もしかしたら「戦闘モード」にはいるかも?


コメント(0) 

一般質問3日目 [仕事のこと]

今日は天内市議の質問でした。

1.地域医療のあり方ー市民病院と浪岡病院のあり方について
→県の地域医療構想を土台に、医療ニーズ、限られた資源の中で、環境が損なわれる
 事がないよう市民の生命と安全を守る役割を果たしていく!
●病床削減について、市民に配慮していくべき
→適正な医療を提供していく
(天内市議は、住民の意見を聞く!手順を踏まえるべき!と強調した)

2.教育行政について
いじめにかかる取り組みの中で、これまでの取り組み、改善点、問題点を示せ
→いじめ防止基本方針を根本から見直し、生徒指導連絡会やいじめ防止推進教師の
実践や取り組みの共有、浪岡地区のプロジェクトチームの設置、フレンドリーダイアルの実施、
新入生へのスマホの使い方講習会、いじめ防止宣言ポスター、事例集の配布など、
それらが根付いているか確認していく!
●やはり先生が一人ひとりに目が届く環境が必要だとしながら、なぜ少人数学級を実施
しなかったのか?
→教員増はのぞましいがかなりの予算が必要。県や国が行うべき。

3.浪岡城址を有効に活用すべき
→国指定の文化財として認定されている。影響を及ぼさない上での活用は可能。
●浪岡城址で桜祭りはできるのか?
→可能ではある。
●建造物の復元は難しいのか?
→はっきりとした形がわからない中で、憶測では建てられない。
●桜の古木の剪定は行っているのか?
→デングス病の発生した際、剪定した。
【合併前は定期的に選定が行われていた!このことも参考にして欲しい!と要望した】

さて、明日は午前中に私が質問します。
1.就学援助について
2.地域包括ケアシステムについて
3.住民税特別徴収通知書について
4.セクシュアル・マイノリティーについて
4点を質問します。
ぜひ、傍聴にいらしてください[るんるん]
コメント(0) 

一般質問2日目 [仕事のこと]

今日は山脇市議の質問

★アウガ・市庁舎に係る新たな対応方針について
市民の声を聞くべき
→小野寺市長答弁
「市民の意見を聴取する必要がある」という山脇議員のこの壇上からの主張は、
間接民主主義の代表であるご自身が市民の意見を集約しません!という宣言自白
しているようなもの。自己矛盾であることにお気づき頂きたいと思います。と答弁。
当方といたしましては、選挙を通じて住民の代表を選ぶという間接民主主義の
原則に沿って、適切に対応している、と答弁。

でも、なんで「市民の声聞くべき」って言ったのに対し、
「間接民主主義の否定」になるんだろうか?
思考回路がそうとう歪んでいるんじゃないでしょうか?
昨日といい今日といい、議論をすり替え、市民に対し、
捻じ曲がった印象を与えようとしてるんだろうか?

★避難所表示看板ー古い情報のものは新しいものに代えるべき!
→順次、災害種別の看板に変更している。
間違っている情報は、やはり優先して取り替えるのが先では?

小野寺新市長は戦闘モードに入ると「水を飲む!」って言うこともわかった!
私のときは水を飲むだろうか・・・

さて、来週月曜日は、天内市議の質問があります。
2時くらいになると思います。
ぜひ傍聴においでください[るんるん]
コメント(1) 
前の10件 | -