So-net無料ブログ作成
検索選択

道徳の授業 [子どものこと]

日本共産党中央委員会が発行している「女性のひろば」6月号が届き、
パラパラとめくり読みしていた。
今月号の特集は「学校が大変だ!」
その中の投稿に目が止まった。
東京在住の小学校高学年の子どもを持つ方が、先日、授業参観に行ったら、
「道徳・公開授業」が行われていた。内容は「プロを夢見る野球少女」という
NHKの教材ビデオを使い、「人生はチャレンジだ」というテーマで考えさせるものだった。
授業は、画像を見ながら途中でビデオを止め
「この少女をどういう気持ちだったと思いますか?あなたならどうする?」と
先生が質問し、児童に答えさせるもの。
他の教室でも、全く同じ画像で同じ場面で同じ質問をしていた!
というものでした。

実は今日、青森市内のある中学校の保護者からも、授業参観での
道徳教育について話を聞いたばかりだった。
中学校のすべての教室で、「いじめについて」の道徳授業を行っていたそうです。
「うわっ青森でも同じことが起こっているな」と思ったのでした。
(ちなみに、いじめについての道徳授業を否定しているものではありません。
そのクラスによって、先生も違えば、子ども達の集団も違うのに、
同じことを画一的に求められることが問題だということ)

学校教育とは、そもそもその先生の自主性や独自性に任されており、
不当に市教委やましてや行政が口を挟むべきものではありません。
教材選びやさまざまな工夫をしながら、そこにいる子どもたちと
議論を重ね、お互いを尊重し、その中から人生観や社会のルールなどを
学び、深めていくものだと思うのです。
今行われている道徳教育は、画一的なものを子どもに押し付け、
国が望む「愛国心」を植えつけるものになっています。

2018年度からは道徳の評価が始まります。
先生方も困っているのでないでしょうか?
道徳の評価で、評価がいい子と評価が低い子は
何がどのように違うのでしょうか?
先生が期待する答えを出せる子がいい子でしょうか?
いろんな意見や答えがあっていいはずなのです。

私は道徳の評価化は、憲法13条個人の尊重をないがしろにするものでは
ないかと思うのです。

コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。