So-net無料ブログ作成

視察2日目 [日記]

今日は萩市の総合窓口開設の経緯や概要、効果や課題などを
視察してきました。
萩市は、1市2町5村が合併した市で
人口約5万人、市議は現在26人ですが、
来年の改選で20人になるそうです。

総合窓口は、平成23年7月から開設しています。
その元になったのが、国が受付業務の民間委託を可能としたことのようです。
こちらも国の官僚が来て市長に、なられたようです。
官僚として役目が終わり、それ以上は上にあがれない奴らを
地方に送り込んでくるのが、いまの国のはやりのようです。
そして、地方でむちゃくちゃなことをやって、
市政を混乱させているのが特徴のようです。

話は戻って…
民間委託したのは、市民課業務の半分くらい。
委託業者は、市の100%出資の会社で、そこに随意契約しているそうです。
偽装委託の話も聞きましたが、極めてグレーです。
市民があちこち歩き回らなくても、そこで全ての
手続きができるのはいいことなのですが、
別に民間委託しなくても、市の職員でやったほうが、
もっとサービスは、向上すると思います。
繁忙期と閑散期があっても、市の仕事を頼むことができないことや、
職員の士気にもかかわるのは事実のようです。
綜合窓口と言えば、担当課の職員が入れ替わり立ち替わり
入れ替えするイメージでしたが、大方は
システムで確認して入力することで、
全ての手続きが完了するシステムにしたのだそうです。

とても参考になりました。
明日は宇部市での視察になります。

萩市の議場写真でした!


iPhoneから送信
2017-07-25T17:49:33.JPG

コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。