So-net無料ブログ作成

第26回アウガ百条委員会 [市議会議員として]

今日は最後の百条委員会が開かれました。

「アウガ問題調査特別委員会調査報告書」(案)の概要の説明が行われ、
各委員の意見を伺った。
赤木委員:この内容でいい
秋村委員:整理されていると感じた

最終日の23日本会議で議決することを諮り、
全委員が了承した。

中村みつお委員から
「記録の提出を求めた文書の取り扱いはどうなるのか?」
→閉会日の23日議決された後、関係人に返還する。
コピー等は許されないのか?
→予定していない

委員長から閉会のあいさつがなされた。
疑義の残ったものもあったが、一定の調査を終了することとした!と。
8分で終了!

んーこれで終わりかー
補助事業に関しては、一定の不正が明らかになりましたが、
それ以外のこれまで経営破たんに陥るまでの経緯などは、
まだまだ解明されないことが残されています。
なぜ債務超過に陥ったのか?
市民の税金がどのように使われてきたのか?
もっと根っこの部分を掘り下げる必要があったのでは?と
思うのです。
市役所職員の給与削減では、何も明らかになりません。
それでごまかそうとする市長の姿勢が問題だと思います。
そして、それに追随している議員の存在意義も問われています。

私はこれまで身内の不幸があった以外は、すべて傍聴してきました。
そして、こうして最後まで市民のみなさんに情報提供をしてきました。
多くのみなさんにブログを読んでいただき、好評の声もたくさんありました。
今後も市政をより市民のみなさんに知っていただくために、
さまざまなツールを活用し、報告していきたいと思っています。
コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。