So-net無料ブログ作成
検索選択
2017年07月| 2017年08月 |- ブログトップ

LGBT教職員研修会 [日記]

今日は市教委主催の今年で2年目の
LGBT教職員研修会に行ってきました。
昨年同様講師は、宝塚大学の日高教授。
講義の内容も昨年同様の内容でしたが、
会場が大きく、参加者も600人を超える規模だったため、
声が聞き取りにくい感じがしました。
おそらく質問したい先生もいたのではないかと
思うのですが、質問はありませんでした。
身近に感じてることなど、現場の先生方の話しも
聞きたかったのですが、聞きにくい雰囲気もあったかも知れません。
いよいよ来年で3年目。市内のすべての教職員が、
LGBTの研修を受け、実際の現場での実践が
本格的にはじまります。

性的マイノリティーで悩んでいるこどもたちに
少しでも手を差し伸べてあげられる環境に
なることを願うばかりです。

iPhoneから送信
コメント(0) 
共通テーマ:moblog

第3回アウガ百条委員会 [政治のこと]

今日の百条委員会について

1.事務の検査結果について
→8月10日に行われた事務の検査結果の報告が行われ、
 青森市「食」街道めぐり事業関連の書類を検閲し、1階スイーツコーナーの工事業者決定の
 書類に日付が記載されていないことが明らかになった。市の指導体制の不備に明確にされた。

2.上申書について
→代表清算人である鈴木弁護士から2度目に「上申書」が提出され、
 ①再度、青森市からのどの出資とそのような関連を有するのか、再度の説明が求められたこと
 ②「法律の専門家の意見を参考にすべきでは」との意見
 ③提出期限のさらなる延長
 以上のことが再度求められた。事実上の先延ばし作戦にしか思われない対応に唖然とする。
 当初、百条委員会に協力するような態度を見せながら、期限の再延長を要求してくるとは、
 裏で見えない力が働いているとしか思えない・・・(考えすぎでしょうか?)

3.記録の提出について
→更なる記録の提出が議論されました。(その1~その5まで)
 面白かったのは、当初A社と言われてきた「社」名が、今回の委員会で明らかになり、
 その「社」に対し、百条の権限をもって記録の提出を求めるか?それとも任意で求めるか?
 の議論になり、8名の委員中7名が百条の権限で求めるべき!とし、1名が任意でいい! 
 と理由も示さず「反対」しました。後ろにいた傍聴者もマスコミ関係者も、薄ら笑いをしていました。

4.その他
→①市民のA氏より、委員長宛に書類が提出されました。
   平成13年1月から平成29年4月まで、経理を担当していたと言う市民が
   「証人喚問してほしい」との申し出があり、全会一致で証人喚問することが決定。
 ②平成23年5月27日から平成25年6月27日まで常務を努めていたB氏の証人喚問決定。
 ③A社で主任技術者をしていたというC氏の証人喚問決定。
 ④市民D氏より「陳述書」が提出され、後日扱いについては検討する。

次回、8月25日10時から、第4回アウガ百条委員会が開かれます。
ぜひ、傍聴においでください。
なお、次回は証人喚問の際の質問事項の検討を行うと思われます。
実際の証人喚問は、もう少し先になるでしょう。
今回から傍聴席が狭くなり、非常に窮屈でした。
経過と共に、百条委員会に興味を持つ市民もいるはずです。
それに伴い傍聴者も増えると予想されることから、環境の改善が求められます[exclamation×2]

コメント(0) 

ピアノコンクール [日記]

今日は娘のピアノコンクールがありました!

親バカで大変申し訳ありませんが…
野球部のマネージャーをやりながら、コンクールに
挑戦することは、大変なことなのですが、
逆の発想で、ない時間をいかに有効に使うか!
短い時間を集中してやることで、
どちらも両立でき、結果につながったのではないかと、
思いました。
前回挑戦した時は、『銅賞』でしたが、
なんと!今回は『銀賞』!
がんばりました!
さて、次は12月の本選です。
まずは一歩ずつ進んで、めざせ全国大会へ。



iPhoneから送信
2017-08-10T20:12:17.JPG

コメント(0) 
共通テーマ:moblog

第2回百条委員会 [政治のこと]

今日は2回目の百条委員会が開かれました。
残念ながら、私は党の会議のため傍聴できませんでしたが、
報告を受けた内容ではありますが、紹介します。

まず、第1回の委員会で資料の提出を求めたのに対し、
代表清算人である鈴木弁護士から「上申書」が提出され、
「資料提出期間の延期」と「調査事項と出資との関連性についての回答」が求められました。
また、さらなる記録の提出の追加が図られ、1時間ちょっとで終了したようです。

明日は、特別委員会の委員のみで、市から提出された書類の閲覧が行われます。
もちろんマスコミも、他の議員も入れません。
どのような記録書類が提出されてくるのか?わかりませんが、
疑惑の解明が進むことを願うばかりです。

なお、第3回百条委員会は、8月16日10時から開かれます。
ぜひ、傍聴においでください。

コメント(0) 

学校が大変だ!シリーズ [子どものこと]

日本共産党が発行している「女性のひろば」月間誌で310円。
読み応えがあって読みやすい!と評判になっています。

女性のひろば9月号「学校が大変だ!」給食編がおもしろいです。
以前のブログで、私自身が幼少時給食嫌いで不登校になった話を紹介していますが、
現在でも、同じようなことが行われていることにびっくりしました。
しかも、現在は「完食シール」なんてのもやっているようです。

私自身は保育所から給食が食べられず、みんながお昼寝している時間も
一人でずっと食べさせられていた経験から、給食が大嫌いになりました。
小学校に行っても当然食べられず、学校に行くことを拒否したようです。
見兼ねた両親が学校に掛け合い、無理強いしないようになりました。
高学年になり運動量も増え、体も大きくなり、自然に何でも残さず食べるようになり、
終いには、お替りまでするようになりました。

現在のように「クラス全員が完食すること」が目標にされてしまうと、
連帯責任が本人に突きつけられ、これほどつらいことはありません。
食べることが苦痛に感じるような給食なんて本来の目的ではないはずです。
「おいしいね」「楽しいね」と言いながらみんなで食べるからこそ楽しい
給食であり、そこに重点を置いた学校給食が必要だと思っています。

さて、私自身も食の細い娘に対しては、
「世界中には食べたくても食べれない子ども達がたくさんいる」と
しゃべってきました。すると、娘は「はい、はい!百万回聞いた!」と・・・。
考えてみるとこれも「食べること、残さないこと」を強要しているようなものなのです。
大事なことは、もっと食べることを楽しく感じるような環境づくりだったり、
工夫だったり、体への影響や必要性の話をすることなど・・・だったりするのでしょうが、
実際には、忙しくてなかなかそうはできませんでした。

それから、ある高校野球部にも
*カップラーメン禁止
*炭酸禁止
*スナック菓子禁止
*菓子パン禁止
という禁止令があります。
しかし!ダメ!と言われれば隠れてやりたくなるのが、人間ってものではないでしょうか?
最近も「禁止令」を破った部員が、監督に大目玉を食らいました。
思うのは、なぜ食べたらダメなのか?体にどういう影響があるからなのか?
高校生にもなれば、理解できるはずです。
それこそが「生きる教育」なのではないでしょうか?
コメント(0) 

娘16歳♪ [日記]

今日で娘が16歳になりました♪

入学してすぐの頃は緊張して通っていた高校生活も、
今は毎日充実して楽しそうに、16歳の夏を
過ごしているようです。
夏休み中も毎日講習があるので、誕生日の今日も、
中学時代の親友からの動画メッセージや、
野球部の部員からのサプライズや、
クラスの友達からのメッセージやプレゼントなど、
とてもうれしそうに報告してくれました。

この学校に入ってよかった!と
今ではJK生活をenjoyしています♪
今しか出来ないことは、今やらないでいつやるの?
今でしょ!(古)
そんな気持ちで見守っています。

子どもたちの高校生活と、自分の高校時代を
重ねあわせながら、
娘の毎日のエピソードを聞いている感じの毎日です。
あと4年もすれば、はたちです。
どんな大人になっていくのか、どんな仕事を
するのか…
子どもたちからたくさんの思い出をもらって、
楽しみを与えてもらって、
人生を豊かにしてくれて、
本当にありがとう♪

iPhoneから送信
2017-08-02T23:29:57.JPG

コメント(0) 
共通テーマ:moblog

2017年07月|2017年08月 |- ブログトップ