So-net無料ブログ作成

父 逝く [日記]

突然の父の死…
まだ受け入れられません。

突然、大根とかスイカとか持って来て、
満足そうに帰って行きそうな気がしてなりません。

数日前は、来年の選挙勝利に向けた
『新年決起集会』の打ち合わせをみんなでしたばかりなのに。

苦しまずに、大好きな温泉で
生涯を終えました。
父らしいというかなんというか。

まだ実感は全くありませんが、
これまで多くの方々にお世話になり、
本当にありがとうございました。

しばらくブログもお休みします。

iPhoneから送信
コメント(0) 

読み聞かせ [子どものこと]

12月は何と言ってもクリスマスでしょ[クリスマス]

今週は1年生のめんこちゃんでした。
私が毎年読んでいる本は・・・

ちいさな ちいさな サンタクロース

ちいさな ちいさな サンタクロース

  • 作者: フィリップ コランタン
  • 出版社/メーカー: 佑学社
  • 発売日: 1991/11
  • メディア: 大型本


最近の家は煙突もなくなって、サンタさんが入るところがなくなってしまった。
どうしたらいいのかの~
ネズミのつくった通路を通らせてもらおう。しかし、ねこに追いかけられ、
今度はアリのつくった通路を通らせてもらおう!
運がよければ、ちいさなサンタさんとトナカイに会えるかもよ!
虫眼鏡を用意してね!
プレゼントはサンタさんたちがいなくなると、元の大きさに戻るんだよ[プレゼント]
っていうお話です!

「サンタさんにプレゼントお願いした人~」
「はーい」と次々あれとこれと・・・・としゃべりだします。
小さい子ども達と触れ合う機会がめっきり減ってしまったので、
もうなんだか孫を見ているような心境になってしまいます。
でも最近ちょっと残念なのが、サンタさんの話をすると、すぐに
「いないんだよ!」って言っちゃう子がいること。それはそれでいいんですが・・・
3年生くらいまでは、信じていて欲しいな~なんて思ったりしています。
我が家の子どもたちも、朝起きて「サンタさん来てくれたよ」って
飛び跳ねて喜んでいる姿は、いつまでも私の目に焼きついています。

コメント(0) 

第19回アウガ百条委員会 [市議会議員として]

今日のアウガ百条委員会の報告します!

案件1.証人喚問について
①元ビル会社営業企画部長 明本 成男氏 全会一致で可決 H30.1.12 13時~
②元ビル会社代表取締約会長 鹿内 博氏 起立少数で否決(反対:赤木・秋村・長谷川・小豆畑・木戸)
 赤木委員は反対理由として、当時の社長ではない、呼ぶ必要ない!というもの。
③有沼田建設 沼田智光氏 起立多数で可決(反対:赤木・秋村・長谷川) H30.1.12 15時~
 反対理由はこの間社員を呼んで話を聞いているし、社長まで呼ぶ必要ない。これ以上民と民の
 話をほじくり返す必要ない
④元ビル会社代表取締役社長 野呂 和生氏 起立多数で可決(反対:赤木.秋村.長谷川)
 H30.1.16 10時~

案件2.証人喚問要求について
中村みつお委員から元ビル会社社長 佐々木淳一氏の証人喚問要求書が提出された。
中村委員から、文書による質問をしてその回答によって判断したい旨の発言があった。
それに対し、赤木委員が、「証人喚問もやる必要がないし、文書も出す必要ない!」と
山脇委員が「当時経済部長もやっていたため、関連がある」
赤木委員が「公務員には守秘義務がある。筋が通らない」
仲谷委員「この間の委員会で鹿内氏を呼ぶんだったら、まず佐々木氏を呼ぶべきだと言っていた。
その整合性が取れないではないか?」(いい突っ込み)
赤木委員「整合性というより、この間の経緯の流れの中で調査事項の確認ができている。
公務員は調査できない」
山脇委員{調査できないことはない。経営破たんした際の社長でもあり外れていない」と反論。
質問内容をそれぞれ提出することとした。

案件3.これまで提出された記録について
若干事務局から日時の訂正があった。

山脇委員からこれまで閲覧したBSMの資料について報告があった。
以下、その内容をかいつまんで報告します。
平成21年3月31日
厳しい経営関係が続く中、計画の目標設定とその公表には、十分な議論と討論を経た後、利害関係者との
間で精密かつ密接な合意を得たものを用いる必要がある。利害関係者からの賛同と協力を得る環境を整えるよう拝領することが経営計画の達成に不可欠。
簿価と時価が乖離している
平成21年7月31日
月次業績に基づく財務分析
売上高純利益率が赤字であるのに、自己資本純利益率がプラスを示しているのはすでに3月の段階から債務超過であることを示している。自己資本回転率がマイナスを示しているのは、債務超過状態によるもの。
平成21年9月30日
前回同様、債務超過である。
平成21年1月4日
更に債務超過額が増加している。
平成21年11月25日
市に対し2億5千万円の新株発行引き受け依頼
管理委託先である建設会社へ「修繕計画調査」を依頼し実施。今後5年間は修理の必要ないと報告受ける。
平成21年3月31日
売上債権回転率平成22年1月にプラスになっているのは、債権の株式化をしたことにより、債務超過を解消したため。
財務分析の結果から見ても1月に債務超過状態を解消したことが経営の安全性を高めているとは言え、依然として事業の継続性から見ても重要な要素たる当該事業の収益性については、改善の状況を確認することは出来ず。むしろ悪化傾向にある。今後の課題としては大きな総資本をより有効に活用しての売上高の向上・確保を図ることが将来にわたり事業の継続していく第1歩であると考える。
平成22年6月30日
一部地権者と賃借料を1坪7,000円を1914円で合意
安全性 負債比率734% 100以下が標準
自己資本比率50%目安 12% 大変厳しいものといえる。
平成23年3月31日
業績に改善が見られない状況となり、財務の健全性を確保する必要性から貸借対照表に計上される当該不動産の価格については、取得価額に基づく形状から、当該不動産の時価に修正する必要が生じるのではないかと思われる。
(前回報告した分は省略)
平成26年7月31日
営業利益マイナスということは、長期的には金利さえ負担できなくなっていく。経常的に黒字化できる体制の構築が必要であり今後黒字化することが課題。
負債比率1000%異常なほど高い負債依存となっている。
資金口が悪化することが懸念。最新の注意が必要。
経営陣の動向:借入金の問題などもあり常務が資料作成、状況説明に忙殺され、経営全般意関わる仕事が行えていない状況にある。
平成26年10月31日
自己資本に関わる比率が依然として厳しい。短期借入金が長期に振り替わったため各指標が一時的に改善している。短期的にも営業保障金の返済が生じれば資金ショートする可能性が十分ある。
月次業績会議に沢谷社長も専務も1回も出席していない。
平成27年1月31日
営業赤字は長期的には資金ショートにつながる。減損会計適応により債務超過の懸念もある。その結果、信用不安から店舗が売上金の自主管理、営業保障金の返却を希望するこる可能性もある。
平成27年7月31日
鎌田部長の昇給、社員への賞与を出したので人件費増加。会社の体力を奪う可能性がある。まだ1年程度の経営を続けていく余力はある。いざとなったらNに預けている保証金約990万円を返還してもらうことも可能である。現金残高4000万円あれば、月末の支払いが可能である。4000万円下回ると資金ショートの恐れがある。
インタビュー:現在の経営陣は、市役所出身者で固められており、経営数字のプロではない。業績把握に関してはこれからという感じ。地権者との問題からテナントの存在については、問題意識を感じているよう。
平成27年10月31日
確実に会社の資金繰りが厳しくなっている。かなり厳しい段階に入っていることは否めない。
90%をこす売上高総利益率なのは、直営店ガールフレンドの販売が前期でなくなったためである。
監査法人から今期決算の営業損益が赤字の場合、減損会計の適用を指摘されている。損失計上額の正確な数字は不明だが、数十億円になる可能性がある。減損会計が適用されれば、債務超過は必須である。
懸念事項1.リーシング活動が行えていない
      2.減損会計が指摘されている
      3.今後の方向性に時間を要している
      4.第③セクターの特質といえるが、経営情報を一部公開することを迫られている
平成28年1月31日
プロジェクトチームからの報告書がだされたが、会社としての方向性が明示されておらず、どのような方向に向かうのか不明。最悪の場合今年の夏あたりで資金ショートする可能性もある。
会社は債務超過になった場合の施策を準備しているわけではない。専務、常務、部長からは方向性について具体的な考えはない。専務常務は青森市及び市長の支持を待っているところ。市長から会社の要望方向性を出してほしいといわれているようだが、会社の権限はすでに何もできず倒産を待つだけの状態で、要望、方向性と言われても何もできないというのが実際のようである。
新な経営陣になって半年ほど。大きな変動はない。青森市及び市長からの指示を待っている状態。
会社として切羽詰まったものは感じない。基本スタンスは市長からの指示を待っている形。
鎌田部長からは今年夏ごろ資金ショートする可能性はあるとのこと。小切手・手形を発行しているわけではないため、資金ショート=銀行取引停止ではないので少し余裕もある。
すべてにおいて、青森市および青森市長に下駄を預けている状態、実際会社の方向性は代表取締役でもあり、市長でもある青森市長に任されている。資金繰りも年度決算もかなり厳しい状態。どのような方向性に進むにしても、時間を要すればさらに選択肢は狭まる。時間的余裕は全くない。

丸野委員長発言
自分も閲覧し2009年3月で債務超過だったこと。クリスマス議会での2億円直後むしろ悪化傾向で、
一体なんだったのかと考えさせられる。委員のみなさんも時間を見つけて資料に目を通してほしい!

案件4.その他
●中村委員から議事録の提出を求めているが、原本ではなくコピーになっている。疑うわけではないが原本を見せてほしい。
事務局が聞いているのは、「劣化の恐れがある」という理由だけである。
赤木委員「コピーで問題ない」

●山脇委員から証人喚問の際、資料を見せて下さい!といわれる場合があり、本来は第3者には開示的ないことになっているが、コピーに閲覧は証人にたいして見せるように、百条委員会の要綱・運用を改善いたい!との発言があり。
事務局から「委員会で協議していただく」
赤木委員「原理原則どおりでいい」
藤原委員「情報流出を防ぐことやコピーは返却してもらうことなど決めれば、承認の記憶を呼び覚ますきっかけにはなるはず」と発言。次回協議となる。

●秋村委員から「尋問時間が長すぎる」「おおむね1時間を守るべき」と発言あり。
 赤木委員からも「1時間に限定すべき」と発言。

●丸野委員長より
・証人喚問の時間確かに長引いているため軽減を図るために、文書による質問で回答をみて、順次証人喚問を取り下げていく方向で検討したい。
・調査事項の1.国市の補助事業にかかる部分はすでに明らかになった部分もあるため、クローズにしてもいいのではないか。

次回、百条委員会12月20日10時より行われます。
コメント(0) 

今日の相談ごと [市議会議員として]

今日の午前中、当初はお2人の方が相談に見える予定でしたが、
その前にある市民の方が控え室へやってきました。
84歳ながらも、しっかりと自分の携帯番号を答え、それはそれは驚くほど、
しっかりとした男性の方でした。
市のある課の対応に納得できない!というもので、
その根拠はこれこれこういうわけで・・・と資料も持参して説明してくれました。
なるほど・・・それだば納得できないですね!と私も納得。
そうしているうちに、今日約束していたMさん登場し、
送られてきた書類を持参して、これってどういう意味ですか?
というものでした。この類の相談は結構あって、書類が届いても
何が書いているのかわからない!ということがよくあります。
わかりやすく説明し、次に何をどうすればいいのか話すと、
安心して帰られて行きました。
そうこうしているうちに、当初の予定のKさん登場。
79歳1人暮らしKさん。いろいろ不安が募って相談に見えました。
そうこうしているうちに、Yさん登場。
いろいろ手続きに来たついでに、控え室へ来て、近況と不安に思っていることなど、
話されていきました。

やっぱり何でも気軽に相談できるところや相談できる人って必要なんだなって
感じる今日の人々でした。
私も人とおしゃべりするのは大好きなので、時間を忘れて話してしまうことが
よくあります[るんるん]
多くの方が来てくださって、議員冥利に尽きますね[ぴかぴか(新しい)]

さて、明日はアウガ百条委員会が10時から開かれます。
今後の日程の確認や、証人喚問の議決が行われます。
鹿内前市長を喚問するかどうかが決まります。

コメント(0) 

一般質問4日目 [政治のこと]

一般質問最終日 舘田市議の質問

1.教育環境について
*毎年各学校から出されている営繕要望書の件数と対応数を示せ
→平成27年小中521件中226件対応
 平成28年小中517件中107件対応
 平成19年小中572件中87件対応
そのほか突発的な維持修繕があるため、優先度を見極めながら実施している。
せめて建築基準法上や消防点検で指摘されたものについては、すべて対応すべき。そのための予算措置をしっかり行うよう要望

2.太陽光発電施設について
*本市でも太陽光発電施設を規制する条例をつくるべき
→許可申請は県で行われ、環境への影響も考慮されているため条例は考えていない。
*今でも新城で濁水、砂埃、気温の上昇などさまざまな影響が出ているのに、現在よりもさらに
大きな発電施設が計画されている。地球温暖化防止に逆行するのでは?
→太陽光は化石燃料を使わず、やみくもに森林を伐採するものでない。一定残すし、規則の中で
実施されるので問題ない!
*全国では規制条例を作って、企業が撤退している。森林の伐採は環境破壊そのもの。
青森市は遅れている。投資の材料にされている。外国人によって土地の転売が行われ、
地価も安く初期費用も抑えられると宣伝がされ、狙われている。
発電の必要性はないと思うが?
→一概に止めるべきではない。
*全国市長会でも、国に規制を求めている。

3.高齢者福祉について
特別養護老人ホームの待機者は?
→132人
*他の施設に入って入所待ちの数は?→304名
特別養護老人ホームの待機者は436名!

4.後退道路について
5.岡田橋について
歩道を設置すべき
→スケジュールについて調整していく!

4日間の一般質問が終わりました。
さすがに疲れました。
今度は予算特別委員会があります。
コメント(0) 

一般質問3日目 [政治のこと]

今日の私の一般質問では
1.市民病院について
*医療ミスをなくすために、経営改善が必要だと判断した根拠を示せ
→(まず最初に水を飲むーここで戦闘モードに入ったことがわかった笑)
 新聞記事のみをもって判断し、異なっている感想を述べられてことに違和感を感じる!
 事実関係と異なる(病院勤務経験者でない者のこと)発言は謝罪と訂正を求める!
 平成28年から資金不足が発生している。5回開催してきた有識者会議で意見を聞いてきた。
 熱心な意見の取りまとめ検討作業を進めてきた。そうしたななかでの医療事故であり、
 早急に対応しなければならないため、平行してあたることが必要と判断した。
 最優先課題である。

*事実関係と異なることに謝罪というが、私は市民病院に行った際、そのように聞いたことを
そのまま発言したまでのこと。一部のことをのみをもって謝罪しろ!というのは違う。
(何か指摘されればすぐに過剰に反応するタイプのようです)
記者会見の際、「大変遺憾」と発言しているが、誰に対して遺憾と発言したのか?
→一部の文言を抜き取って誤解をあたえるようなことは控えていただきたい。
 (市長記者会見の発言を自分で読む)
*誰に対し遺憾と言ったのか?(もう一度聞く)
→(同じく記者会見の文言を読む)
*市民病院で働いている職員の中では、市長が管理者でありながら、「大変遺憾」と発言
したことに対し、「遺憾だ」という声がある。そのことを紹介しておく!

2.教職員との多忙化解消について
「校務支援システム」と「学校給食の公会計化」について

3.保育について
兄弟姉妹が別々に入所している数と、その対策を示せ
→42人、子ども子育て支援計画見直しの中で検討していく!
(何も明らかにせず、具体的に何をどのようにしていくのかさっぱりわかりませんでした)

政治的要因が絡んでいるようなので仕方ありません。
市長の一存で、自分を応援している議員とそうでない議員で
答弁に隔たりが生まれるのは、好ましくない状況です。

さて、明日は舘田市議が2番目11時~質問します。
ぜひ傍聴おいでください♪
コメント(0) 

一般質問2日目 [政治のこと]

山脇市議
アウガのスイーツコーナーの什器備品の違法な持ち出しについて
*市のこれまでの対応を示せ
→10月4日経済部2名の職員が刑事課1課を訪ね、書面で説明。
 刑法235条に基づき告発する意向を説明。
 10月4日電話で窃盗罪に該当しない旨の回答をもらった。
 10月5日顧問弁護士に相談した結果、告発できないとなった。
 10月27日31日同社精算人と代表者に聞き取り調査を行い、無断で持ち出したことを確認。
 11月9日刑事課1課改めて相談したが、コレまで同様窃盗罪には該当しないと回答あった。
*告発に行くまでの経緯は?
→市としては速やかに3度顧問弁護士に相談した。
*告発状のない中で受理できないと判断できるのか?
→助言をいただくために、作成しないで行った。
*警察で判断できるのか?告発状を作って持っていくべき。
 手続きを取ることが議会との約束を守ることになる。
→まずは弁護士に相談し、提出する前に相談をと助言された。
*備品の持ち出しについて、経産省に確認したのか?
→9月25日10月12日2度経産省を訪問し説明した。回答は来ていない。
*さらにその後持ち出された!と伝えたのか?
→説明している。
議会との約束は、告発状をつくって持っていくべきだ!

天内市議
1.指定管理者制度について
花岡プラザ及び周辺3施設の指定管理者の決定が僅差で秋田の業者に決まった。
その内容は?
→能力を評価するプルポーザル方式で選定し、応募の資格を満たしている。
 選定評価委員会で選定し、2社からの応募があった。
 8項目で相手を上回った。他の1社は6項目で上回った。
 合計で0.47点差で秋田東北ダイケンが選定された。
*地域との連携はどうやっていくのか?
→本社は秋田。他都市でも指定管理者を委託している。
*地元に密着した団体のほうがいいのでは?
→断定との連携、地域に根ざした運営、安全管理する能力を有している。
 撤退することは想定していない。
(他、地域医療について、学校統廃合について質問した)

さて、現在暫時休憩中です。
大矢議長が議長の辞職を申し出ました。
これから議長選挙が行われる予定です。
早く決着付けてくれ!

明日は10時~私が一般質問1番目です。
まだ準備が整っていません。

コメント(0) 

一般質問1日目 [仕事のこと]

今日から一般質問がはじまりました!

藤原市議の質問
1.市役所について(新庁舎と駅前庁舎)
○3回入札が不調に終わった。その経緯と対策は
→3回不調となり、業者に積算の内訳書の提出を求め、確認した。
 見直しを行い、11月27日再公告12月14日開札し、仮契約となる。
 早い時期に議会への提案したい。
○次の不調となればどうするのか?
→再度入札となる。
○合併特例債の活用が絡んでくるが、間に合うのか?
→予定通りすすめていく?
○バルコニーはどうしたのか?
→横断幕の設置やセレモニーなどを活用方法はある
○駅前の渋滞対策はコレまでの認識と変わりないか?
→認識にかわりはない。
○(ニコニコどおりのことや出入り口の混雑のことや、バスの乗降者の問題など指摘)
→(結局、実際にスタートしてみてから対応する!みたいな感じでいいんだろうかという感想)
○災害時避難計画や津波避難計画は策定したのか?
→1月4日までに策定したい
○業務怠慢じゃないか。駅前に移転すると決まってかなり経つのに!と指摘。

2.バス事業について
正規職員として運転手を確保すべき
→これまでどおり退職者負補充の計画通り継続していく。
 給与や勤務体系は、経営戦力策定に中で検討していく。
○正規職員と嘱託職員の給与の差は?
→正規は640万円 嘱託職員のフルタイムで340万円となっている

同じように働いているのに、こんなに差があっていいのだろうか・・・

さて、明日は10時~山脇市議
        11時過ぎくらいから、天内市議の予定。
2人とも午前になる予定です!
ぜひ傍聴においでください[るんるん]
コメント(0) 

第18回アウガ百条委員会(その2) [市議会議員として]

地下りんご箱について≪中村みつお委員≫
*2000万円の改装工事費の分割は終わったのか?
→分割部分はビル会社の資産。2000万円の部分は、ビル会社がやるべきことであり、
 沼田建設にお願いしたもの。完済はしていない

ガールフレンドについて≪山脇委員≫
*経営にどういう影響を与えたと認識しているか?
→まず黒字にしろ!市からも空区画を埋めろ!と言われていた。店長会での聞き取りで、
必要とするブランドが合った。テナントで埋まらなければ直営で入れようと思った。
出店者からブランドをやってみないかと言われた。
*仕入れの仕方は・
→13のブランドを取り扱っている。春夏秋冬と展示会に行って仕入れを行ってきた。
セレクトショップは1エリア1オーナー制でミニマム条件が発生する。
1ブランド300万以上仕入れてくれとか。考慮しながら入れていた。
*在庫管理は?
→当初は、知り合いに運営を委託し当時は立会いもしていた。
 単品管理もして、倍変計画もつくらないといけない。
*平成24年在庫500万円あって、平成27年に減少している理由は?
→商業ビルに安く買ってもらったり、セールをして処分
*平成27年3月に撤退しているのに、新商品入荷!と紹介している?
→3月のものは、4ヶ月前に受注しているので
*直営店の在庫リスクが経営に影響している
→直営店を増やして、フロア整理していく予定であった。埋めろ!と指示があった
結論的にリスクになっただけで、そういう認識はない!

本日、午前中はアクティブワークスのK氏
16時からは元アウガ常務の木村勝治氏の証人喚問でしたが、省略します!
ごめんなさい

明日からは一般質問が始まります。
13時過ぎくらいから、藤原市議団長が質問します。

コメント(0) 

第18回アウガ百条委員会(その1) [市議会議員として]

今日はアウガ元職員リーシング担当野呂かねお氏の証人喚問が行われた。
(今日は省略バージョンで紹介します!)
地下食街道事業について≪山脇委員≫
*補助事業対応マニュアルはしていたか?
→見積りが必要なことは知っていたが、事前着工のルールまでは承知していない。
*ルールがわかった上で携わるべき。沼田の元課長は補助事業だと知らされなかったと証言。
しっかり説明したのか?
→沼田建設以外にも業者が入っている。私自身は説明した記憶がない。

≪中村みつお委員≫
*(実績報告書を見せる)どこまでどのようにかかわったのか?
→すべてに関わっている
*見積り業者を選んだのはビル会社か?
→その通り
*依頼したのはビル会社か?
→その通り
*見積り3社を集めて、SIRが説明したのか?
→わからない
*一切補助事業だと説明しないのか?
→最後の立会いの時、説明したかも?

スイーツコーナーについて≪山脇委員≫
*見積りの際、SIR3社合同でなくても、1社1社では説明していないのか?
→SIRからあったかはわからない
*半年で営業中止となった。その認識は?
→出店テナントの相手のある話。賃料などの減額に応じてきた。
 タイトなスケジュールで出店となり、盛り上げるまで応援したかったが、叶わなかった。

≪中村みつお委員≫
*什器備品について
スイーツコーナーのオーナーK氏は野呂氏と福島氏の3氏で打ち合わせしたと証言。
→補助対象の什器の打ち合わせはない。持込の什器の打ち合わせはした。
*補助対象のものは、福島氏か?
→わからない。打ち合わせしたことない。
*後に事業を引き継ぐことになり、Kさんから15万円で譲り受けているはず?
→?
*何が入ったかは知っているはず
→ビル会社では見積りは他の担当者。社内では知っている。
*工事請負契約書はビル会社で作成したのか?
→はい
*7月2日に工事に入ったこと認識していたのか?
→何日かまではわからない

ヤマト運輸スプリンクラー工事について≪中村みつお委員≫
*スプリンクラーの工事されていない!給排水器納入されていないこと明らかに。
工藤氏は付属するもので相殺した!とその認識は?
→段差や通路とか何件か変更はあった。浮いたお金は後から工事と相殺した!([目]
*実際は半分の工事費だった。その半分はどこに行ったのか?疑問だった。相殺した?
→ありました!(ひょえーびっくりする)


コメント(0)