So-net無料ブログ作成
絵本のこと ブログトップ
前の10件 | -

今週の読み聞かせ [絵本のこと]

今週は4年生のめんこちゃん[るんるん]

読んだ本は、コレ!

いいにおいのおならをうるおとこ

いいにおいのおならをうるおとこ

  • 作者: ジル ビズエルヌ
  • 出版社/メーカー: ロクリン社
  • 発売日: 2016/12/21
  • メディア: 大型本


両親が突然亡くなり、残された兄とおとうとの話。
兄はおいぼれた犬以外すべての財産を取り、
おとうとには、そのおいぼれた犬だけを渡しました。
ある日、その犬が“すき”できれいに畑を耕しているのを見た兄が、
犬を貸してくれ!と言って、連れて行ってしまいます。
しかし、全く働こうとしない犬を殺してしまったのです。
おとうとのやることすべてを奪い、得をしようとする兄が
最後には・・・という話です。
昔話によくあるストーリーなのですが、
今日おじゃましたクラスのめんこちゃんが、
「兄がやることすべてが悪いほうにいくような気がする!」と感想を述べてくれました。
お話の本質をよく理解してくれた感想ですばらしいと思いました。
4年生くらいになると、周りを意識するようになり、感情を抑えながら、
読み聞かせを聞くようになります。
“おなら”の話なので、もう少し笑ってくれるかと思いましたが、
そうはいきません、でした。
こういう場面で、ああ、しっかり成長しているな~と感じさせてくれるめんこちゃんたちでした[かわいい]

コメント(0) 

今日の読み聞かせ [絵本のこと]

今日は3年生のめんこちゃんところに行ったよん[るんるん]

インフルエンザがじわじわ来ていて、いつもなら机を下げて、
床に座って集まってもらっているのですが、
今日はそれぞれの机に座ったままの状態で読み聞かせしました。

今日読んだ本は・・・

わたしはあかねこ

わたしはあかねこ

  • 作者: サトシン
  • 出版社/メーカー: 文溪堂
  • 発売日: 2011/08/01
  • メディア: ハードカバー




かっくん ~どうしてボクだけしかくいの?~ (講談社の翻訳絵本)

かっくん ~どうしてボクだけしかくいの?~ (講談社の翻訳絵本)

  • 作者: クリスチャン メルベイユ
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2001/04/03
  • メディア: 単行本




ええところ

ええところ

  • 作者: くすのき しげのり
  • 出版社/メーカー: 学研教育出版
  • 発売日: 2012/01/01
  • メディア: 大型本



他の人と違う自分だけど、いいじゃない!
私はわたし。いいところがあるじゃん!っていうメッセージを送りたかったんだけど、
めんこちゃんたちには伝わったかな~

コメント(0) 

今日の読み聞かせ [絵本のこと]

今日は新学期最初の1年生のクラスへ[るんるん]

読んだ本は、定番のこれ[左斜め下]


でんしゃにのって (うららちゃんののりものえほん)

でんしゃにのって (うららちゃんののりものえほん)

  • 作者: とよた かずひこ
  • 出版社/メーカー: アリス館
  • 発売日: 1997/06
  • メディア: ハードカバー


そして、持って行くものといえば・・・これ!

おべんとうばこのうた (わらべうたえほん)

おべんとうばこのうた (わらべうたえほん)

  • 作者: さいとう しのぶ
  • 出版社/メーカー: ひさかたチャイルド
  • 発売日: 2013/08/27
  • メディア: 単行本


最初はゆっくり、2回目はスピードアップして、
みんなで大合唱[るんるん]

そして、最後にこれ!

うみやまがっせん (こどものともコレクション2009)

うみやまがっせん (こどものともコレクション2009)

  • 作者: 長谷川 摂子
  • 出版社/メーカー: 福音館書店
  • 発売日: 2009/02/25
  • メディア: 単行本


楽しくないわけがない本です[本]
「もう1回読んで~」
「あーたのしかった」
「次、いつ来るの~」
なんて言われると、めんこ過ぎて困っちゃいます[かわいい]

毎月各学年1回の読み聞かせの時間[るんるん]
楽しく過ごせたらいいよね~[グッド(上向き矢印)]
コメント(0) 

今日の読み聞かせ [絵本のこと]

今年度、最初の読み聞かせに行ってきました[るんるん]

今日は3年生のめんこちゃん[るんるん]
クラス替えをしたばかりの教室でしたが、
やんちゃな男子たちが、前の席を陣取って待っていてくれました[かわいい]
めんこいじゃ[揺れるハート]

今日読んだ本は・・・コレ♪

ぼくのジィちゃん

ぼくのジィちゃん

  • 作者: くすのき しげのり
  • 出版社/メーカー: 佼成出版社
  • 発売日: 2015/03/14
  • メディア: 大型本


徒競走が大嫌いなぼく。クラスで一番のビリ!
ぼくのおとうさんは「PTAクラス対抗リレーの代表」。
ところが当日、急な仕事のトラブルで、リレーに出られなくなってしまい、
代わりに「ぼくのジイちゃん」が出ることに・・・
『ぼくのクラスは絶対ビリに決まっている』そう思っていたら、なんと!・・・

最初はざわざわしていた子ども達も、だんだん絵本に吸い込まれ
物語に集中してきます。
子ども達の心の声が聞こえてきそうなくらい、ドキドキが伝わってきます[exclamation×2]
めんこいな~

今日も子ども達との楽しい時間を過ごすことができ、楽しかったです[るんるん]
コメント(0) 

今日の読み聞かせ [絵本のこと]

今日は久しぶりの1年生のめんこちゃん[るんるん]

「3月最後の読み聞かせだよ~」っていうと・・・
「え~[ダッシュ(走り出すさま)]」と目をパチパチさせていました。めんこすぎる~[揺れるハート]
今日読んだ絵本は・・・
★『とんとんとんだれですか~』
★『てぶくろ』

ゆきだるまはよるがすき! (評論社の児童図書館・絵本の部屋)

ゆきだるまはよるがすき! (評論社の児童図書館・絵本の部屋)

  • 作者: キャラリン ビーナー
  • 出版社/メーカー: 評論社
  • 発売日: 2005/12
  • メディア: 大型本


読み終わった後、絵本の中にかくれているサンタやうさぎやねこやティラノザウルスを
みんなで探して遊びました。
子どもってそういうのホント好きだよね[るんるん]
前のほうにぐんぐん出てくる子もいるし、
見えなくて、「見えない!」って言う子もいるし、
後ろのほうでおとなしくしている子もいるし、
本当にいろんな子がいます。

ひとりひとりの子の個性を本当に大事にした教育が
もっと出来るような環境が必要だと思うのです。
先生が子ども達とゆっくり向き合えれば、
子どもの声が届くんだろうな~

今日の読み聞かせのように、みんなに対して一つのことを投げかけたとしても、
それに対する反応はそれぞれです。
そのときパーと見回して、「この子はこういう表情するんだ!」とか
「この子はこういう反応するんだ!」って言うのを、一瞬にして見分けて、
一人ひとりの子どものことをみているんだろうな・・・て思いました。
そういう意味でも一クラスの人数が少なければ、
目は届きます。
少人数学級の願いは、本当に切実だと思うのです。
残念ながら、今年も青森市としての少人数学級は見送られました・・・[バッド(下向き矢印)]
コメント(0) 

今日の読み聞かせ [絵本のこと]

今日は5年生のめんこちゃん[るんるん]

高学年に行くのは久しぶりでした。
さて、今日は先日購入したこの本を読んでみました!

いのちのはな

いのちのはな

  • 作者: のぶみ
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2016/11/09
  • メディア: ハードカバー


最初、作者の「のぶみさん」のお話をしてから、絵本に入りました。
背表紙には、マンガ形式のこの本が出来るまでの説明も書いてるので、
そこまで読んだら15分もかかってしまいました。
たくさんのメッセージが込められているので、なかなか伝わりにくい部分もありそうですが、
ほんの一部分だけでも感じ取ってもらえたら、それで良し!と思っています。
登場人物には、チューリップのピピとタンポポのポポ太郎や
バラのバーバラなどが出てきますが、
やっぱりポポ太郎!登場のところで、反応がありました!
1年生のときから読み聞かせをやってると、高学年では
すぐに絵本を聞く体制に入ります。これってなかなか出来ることじゃありません。
さすがです!
読んでいる私たちも、絵本を押し付けるんじゃなくて、
一緒に楽しい時間過ごそうね[るんるん]という感じで、
やっているのが、いいのかな[揺れるハート]

コメント(0) 

今日の読み聞かせ [絵本のこと]

今日は2年生のめんこちゃんのクラスへ[るんるん]

インフルエンザがはやっているようで、ほとんどみんなマスクをつけていました。
今日は一人だけインフルでお休みしているそうです。
各学年毎月1回の読み聞かせしか出来ないのですが、
毎月毎月絵本に触れることで、しっかり聞く姿勢ができて、
楽しみに待っていてくれるようになります。
そして、絵本を読みはじめると、パッと絵本に集中して聞いてくれるように
なります。この1年間で、大きく成長した様子が見られます。
私的には、もっと子どもらしくおしゃべりしたり、ちょっかい出したり、
突っ込みをいれたりしてくれてもいいのでは?と思うこともありますが。。。

さて、今日はちょっと過ぎてしまいましたが、「節分」つながりで、
この本を読みました。(毎年読んでます)

おにたのぼうし (おはなし名作絵本 2)

おにたのぼうし (おはなし名作絵本 2)

  • 作者: あまん きみこ
  • 出版社/メーカー: ポプラ社
  • 発売日: 1969/08
  • メディア: 単行本


いわさきちひろさんの絵がやさしいおにをよくあらわしていて、
40年以上前の絵本ってほんといつまでもいつまでも
子ども達に語り継がれるものがあるなーと感心しながら読みました。
鬼といえば・・・
「泣いた赤おに」という絵本も有名です。
昔、息子とおなじ学年の女の子が(いまや高2)「これ読んで!」
と言って持ってきてくれたのが、「泣いた赤おに」でした。
この本が大好きなのだと教えてくれました。
青おにが赤おにのことを思う優しいおにを絵本ですよね。

1冊でも「この絵本大好き」と思える絵本に出会える
おてづだいができればいいな・・・と思っています。
コメント(0) 

今日の読み聞かせ [絵本のこと]

今日は2年生のめんこちゃんのクラスへ[るんるん]

冬の定番。低学年にはお決まりの絵本を読みました[本]

てぶくろ―ウクライナ民話 (世界傑作絵本シリーズ―ロシアの絵本)

てぶくろ―ウクライナ民話 (世界傑作絵本シリーズ―ロシアの絵本)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 福音館書店
  • 発売日: 1965/11/01
  • メディア: 大型本



ゆきだるまはよるがすき! (評論社の児童図書館・絵本の部屋)

ゆきだるまはよるがすき! (評論社の児童図書館・絵本の部屋)

  • 作者: キャラリン ビーナー
  • 出版社/メーカー: 評論社
  • 発売日: 2005/12
  • メディア: 大型本



でんしゃにのって (うららちゃんののりものえほん)

でんしゃにのって (うららちゃんののりものえほん)

  • 作者: とよた かずひこ
  • 出版社/メーカー: アリス館
  • 発売日: 1997/06
  • メディア: ハードカバー


この3点セットは、子どもたち大喜びしてくれます[揺れるハート]
今日は時間もあったので、ゆきだるまはよるがすき!の絵本の中にかくれている
サンタやうさぎやティラノザウルスを一緒に探してみたり。。。
小さい子と接する機会がめっきり減った今日この頃。
なんだかおばあちゃんの心境で、集まってきた子どもたちと
たわむれて、キュン[揺れるハート]としてしまいました。
みんなをギュって抱きしめたくなってしまいました[るんるん]

今年もこうして子ども達との時間を大事にしながら、
絵本の時間を楽しんでもらえるように、
読み聞かせしていけたらな・・・
コメント(0) 

今日の読み聞かせ [絵本のこと]

今日は2年生のめんこちゃんのクラスへ行きました[本]

今日はいつも読んでいる絵本で、子ども達が大好きな絵本

てぶくろ―ウクライナ民話 (世界傑作絵本シリーズ―ロシアの絵本)

てぶくろ―ウクライナ民話 (世界傑作絵本シリーズ―ロシアの絵本)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 福音館書店
  • 発売日: 1965/11/01
  • メディア: 大型本


次々といろんな動物が出てきて、てぶくろに入ってきます。
子ども達は「え~もう入れないよ!」とざわざわし始めます。
“次は何の動物が出てくるかな~”そんな子ども達からのわくわくドキドキ感が
伝わってきます[るんるん]
わい めんこいじゃ[揺れるハート]
コメント(0) 

今日の読み聞かせ [絵本のこと]

久しぶりの読み聞かせ[本]

今日は2年生のめんこちゃんのクラスへ行ってきたよ~[ハートたち(複数ハート)]
今日、読んだ本は・・・

うそ・つき

うそ・つき

  • 作者: 木曽 秀夫
  • 出版社/メーカー: フレーベル館
  • 発売日: 2014/09
  • メディア: 大型本


うさぎのみみたは月を見て、「月はなんで欠けちゃうんだろう?」って不思議に思います!
ある鳥がこういいます!
「カバががばって食べちゃううからだよ!」
「きりんが長い首を伸ばしてパクっとしてるからだよ!」
「ふくろうがたべてるんだよ!」・・・・
ほんとかな?
最後は、鳥の正体が明らかになります!

もう1冊は・・・

クローバーのくれたなかなおり (フレーベル館の秀作絵本)

クローバーのくれたなかなおり (フレーベル館の秀作絵本)

  • 作者: 仁科 幸子
  • 出版社/メーカー: フレーベル館
  • 発売日: 2003/04
  • メディア: 大型本


しろネズミとクロネズミがけんかして、どちらもあやまりません!
さきにクローバーを見つけたほうが、あやまることにしよう!
原っぱにはクローバーがたくさんあるのに、必死に探しますが、みつかりません。
そのとき、大きな猫が・・・必死に2人が逃げて、
お互いが助かったことに喜び合い、仲直りしました。
自然に「ごめんね」がいえることが、どんなにしあわせなことか・・・

久しぶりにかわいいめんこちゃんたちと楽しい時間を過ごしました。
コメント(0) 
前の10件 | - 絵本のこと ブログトップ