So-net無料ブログ作成
政治のこと ブログトップ
前の10件 | -

予算委員会1日目 [政治のこと]

昨日行われた予算特別委員会がまたもや紛糾しました。
私自身は予算委員ではありませんでしたが、傍聴していました。
前日の中村みつお議員の質問を引き継いだ奈良岡議員が、
アウガにあった什器備品を誰かが?勝手に持ち出した経緯を追求した。

◎什器備品の償還金返還額の手続きが終わって許可が下りたのはいつか?
→5月31日
◎管理は?
→4月25日に1階スイーツコーナーのオーブン等什器備品がなくなっているのを確認した。
 2月まで使っていた事業者に譲渡した。
 国に報告し、一旦戻すよう指導され、速やかに戻すよう求めた。
 5月16日国と市で戻っていることを確認した。
 譲渡したのが、ビル会社の従業員です。
ここで委員長が答弁がつじつまが合わないといっていったんストップをかけた。1回目の暫時休憩となった。
◎4月25日までの経緯は?
→アウガの内部改修前にオーブン等の備品がないことが分かった
 譲渡したのはビル会社の従業員
◎勝手にやったのか?
→戻すように指示した。
 精算人が指示したのかは確認していない。
◎いつ戻したのか?
→5月16日現地確認した。
 何日に戻したのかは確認していない。
◎4月1日から市の管理になったのではないのか?
→管財課の職員とこれまで委託していた警備会社で管理している。
◎市が分からないうちになくなったのか?
→ビル会社であるもの?
◎アウガは市で管理しているはずでは?
→管理は市の管財課
 共有財産は3月31日以前まで委託していた警備会社が監視している。
◎警備会社の日報はあるのか?
→提出されてる(それをみればわかるはず?)
◎5月17日以降は備品はどうなったのか?
→5月24日に職員打ち合わせを行い、備品がないことが確認された。
(この辺から経済部長の答弁が支離滅裂になり、意味不明になってきた)
◎備品等財産の処分ができるようになったのは、5月31日以降ではないのか?
→5月16日に国と確認し、5月中に処分する事務をすすめており、
 事務処理が遅れているだけである?
◎行政の事務というのは、事務処理がまず行われてからやられるのが普通では?
そんなこといったらなんでも、「事務処理が遅れている」と言えば済むという事になるじゃないか!
行政としてそれでいいのか?
市の財産処分に関する規則には違反しているものの、移動されていたため・・・・
「規則に違反している????」ここで2度目の暫時休憩に入った。
再開されたのが、午後20時15分!
経済部長からの答弁
→先ほどの「規則に違反しているものの・・・」の部分は取り消しさせていただきたい!
◎それじゃ規則違反があったことは認めるのか?
→市の規則18条財産処分の制限に違反している。[目]
◎今後、どのような対応をするのか?
→4月25日以前に備品の移動が認められれば、告発による対応をする!
◎事実であれば告発する!という事でいいのか?
→4月25日以前の備品の移動が確認されれば告発を行う。
市でしっかり確認し対応してほしい!

一昨日の決算委員会での中村みつお議員の質問では、
4月中旬に新しいテナントに移動した業者が、そのオーブン等の備品の修理に
行っていることや、そのオーブンを使ってパン屋さんをオープンしたのが4月24日で
あることも明らかにし、それをおこなった者はアウガ地下で郷土料理屋さんをやっている
りんご箱のオーナーであることも確認しているのですから、これはすぐにでも告発すべき
事案であるということがはっきりしました。さて、市は(小野寺市長は)きちんと告発
できるのかどうか?そのことが問われてきます!

9月25日も予算特別委員会が行われます。
山脇市議が1番目に質問しますので、ぜひ傍聴においでください。
アウガについて、今まで家賃を払わずにいた地権者が、滞納した家賃全額を
支払ったのが3月28日に納付があったからといって、遅延損害金が発生しないのは
おかしいのではないか?税金滞納すれば、サラ金まがいの延滞金を徴収しておきながら、
一方でアウガの家賃をコレまで払わずに、一括で納めたから善し!とするのは、
問題ではないか?ということやその地権者が、のうのうと地下で営業を続けることが
果たして許されるのか?しかも、市の備品を勝手に持ち出したとなると、
れっきとした“窃盗”に当たるのでは?などの疑惑に迫ります(迫れるかな?)
コメント(0) 

第3回アウガ百条委員会 [政治のこと]

今日の百条委員会について

1.事務の検査結果について
→8月10日に行われた事務の検査結果の報告が行われ、
 青森市「食」街道めぐり事業関連の書類を検閲し、1階スイーツコーナーの工事業者決定の
 書類に日付が記載されていないことが明らかになった。市の指導体制の不備に明確にされた。

2.上申書について
→代表清算人である鈴木弁護士から2度目に「上申書」が提出され、
 ①再度、青森市からのどの出資とそのような関連を有するのか、再度の説明が求められたこと
 ②「法律の専門家の意見を参考にすべきでは」との意見
 ③提出期限のさらなる延長
 以上のことが再度求められた。事実上の先延ばし作戦にしか思われない対応に唖然とする。
 当初、百条委員会に協力するような態度を見せながら、期限の再延長を要求してくるとは、
 裏で見えない力が働いているとしか思えない・・・(考えすぎでしょうか?)

3.記録の提出について
→更なる記録の提出が議論されました。(その1~その5まで)
 面白かったのは、当初A社と言われてきた「社」名が、今回の委員会で明らかになり、
 その「社」に対し、百条の権限をもって記録の提出を求めるか?それとも任意で求めるか?
 の議論になり、8名の委員中7名が百条の権限で求めるべき!とし、1名が任意でいい! 
 と理由も示さず「反対」しました。後ろにいた傍聴者もマスコミ関係者も、薄ら笑いをしていました。

4.その他
→①市民のA氏より、委員長宛に書類が提出されました。
   平成13年1月から平成29年4月まで、経理を担当していたと言う市民が
   「証人喚問してほしい」との申し出があり、全会一致で証人喚問することが決定。
 ②平成23年5月27日から平成25年6月27日まで常務を努めていたB氏の証人喚問決定。
 ③A社で主任技術者をしていたというC氏の証人喚問決定。
 ④市民D氏より「陳述書」が提出され、後日扱いについては検討する。

次回、8月25日10時から、第4回アウガ百条委員会が開かれます。
ぜひ、傍聴においでください。
なお、次回は証人喚問の際の質問事項の検討を行うと思われます。
実際の証人喚問は、もう少し先になるでしょう。
今回から傍聴席が狭くなり、非常に窮屈でした。
経過と共に、百条委員会に興味を持つ市民もいるはずです。
それに伴い傍聴者も増えると予想されることから、環境の改善が求められます[exclamation×2]

コメント(0) 

第2回百条委員会 [政治のこと]

今日は2回目の百条委員会が開かれました。
残念ながら、私は党の会議のため傍聴できませんでしたが、
報告を受けた内容ではありますが、紹介します。

まず、第1回の委員会で資料の提出を求めたのに対し、
代表清算人である鈴木弁護士から「上申書」が提出され、
「資料提出期間の延期」と「調査事項と出資との関連性についての回答」が求められました。
また、さらなる記録の提出の追加が図られ、1時間ちょっとで終了したようです。

明日は、特別委員会の委員のみで、市から提出された書類の閲覧が行われます。
もちろんマスコミも、他の議員も入れません。
どのような記録書類が提出されてくるのか?わかりませんが、
疑惑の解明が進むことを願うばかりです。

なお、第3回百条委員会は、8月16日10時から開かれます。
ぜひ、傍聴においでください。

コメント(0) 

教科書展示会 [政治のこと]

昨日のことになりますが、青森市教育研修センターで行われている
「教科書展示会」に行ってきました。
来年度から実施される小学校の道徳化の教科書は
全部で8社のものが用意されていました。
時間も限られていましたので、小学6年生の教科書を全社閲覧してみましたが、
「いじめの問題」やスマホに関連するものも記述されている教科書も
ありました。
同じような内容のものもたくさんありましたが、会社によってかなり
違うもんだなーという感じがしました。

今日のしんぶん赤旗には、群馬大学教育学部の山崎雄介教授が
道徳の教科化について、そもそも道徳を「教科」にすること自体が
無理筋だったと語っています。
さらに、子どもは大人の側が求める結論が見え透いたような道徳は
「しらじらしい」「もうたくさんだ」と子どもは思っている!と言っています。
以前もある中学校で行われた道徳の授業で、子どもはすでに
「こういう風にいえばいいんでしょ!」と冷めている話をブログで
紹介しましたが、まさにそういうことなんだな、と。
また、子どもの実態から考えれば、“教科書どおり”
“年間指導計画どおり実施しろ”というのは実態にそぐわない、と指摘しています。
他の教科のように正解が決まらない分、実は考えていく面白さがある分野で、
文科省自身「考える道徳」「議論する道徳」を打ち出しているわけですから、
きちんと考え、議論することを大切にし、何らかの結論に導かれなくても
よし!としましょう!教員自身がアンテナを張って教材を工夫しましょう!
と語っています。

道徳の教科書が今後どのように採択されていくのか?
どのような議論がされるのか?
なぜその会社にしたのか?
7月下旬から8月中には決まる予定です。
現場の先生方の意見が反映されることが大事ですし、
道徳が子ども達への押し付けになってはいけないと思っています。

コメント(0) 

今日の議運 [政治のこと]

今日開かれた議会運営委員会では、市長が出してきた「再議」について
議論しました。
市長の言い分は、「議員提出議案第21号アウガ問題の調査に関する決議」の
調査経費についての質疑の中で、山脇市議が「予算措置する必要がある」と答弁した
部分に対し「予算の調整権及び提案権を脅かすものである」ため、再議に付する、
というものです。
正確には「予算措置する必要があるものだと思います」と言っています。(反訳確認済み)
「出せ!」と言っているのではありません。
そこの言葉尻を捉えて、3分の2という条件を課してくるというのは、
まさに「いいががり」「こじつけ」「嫌がらせ」とも言うべきもので、
議会の議決を踏みにじる暴挙でしかありません。
この「再議」方式を一旦私たち議会として認めてしまえば、
議会の自殺行為とも言うべきものであり、絶対に阻止しなければいけません。

今日の議運では、議事日程に上程することに、議運での採決が行われ、
賛成少数となりました。
(通常は議運では採決は行いませんが、委員長判断での採決となりました)
そのため、10日に臨時議会は市長が招集したとしても、
会期日程を1日とすることが諮られ、NO!となった場合は、
これまた暫時休憩し、議運が開かれます。(予定)
議事日程に上程できない場合は、どちらも「再議」も「決議」も
廃案になってしまうそうです。
そもそも予算調整権や提案権を脅かす 根拠が示されないものは、議論に値しないと判断すべきだと思います。


コメント(0) 

再議 [政治のこと]

小野寺青森市長が、こんな暴挙に出ました!
写真 2017-07-04 16 36 23_R.jpg
アウガ問題の百条調査特別委員会を開く際に
証人喚問の交通費や費用弁償費、資料請求費などがかかります。
そのために予算が必要になりますが、そのことが
「予算の調整権及び提案権を脅かすものである」として、
もう一度議決をやり直すことを求めたのです。
今度は3分の2の賛成が必要になります。

私たち議員が市に対し求めるものには、
口では「予算編成が必要である」とは言わないものの、
当然、予算が必要なものもあります。
たとえば学校の雨漏りの改修だって、
「雨漏りを早急に直して欲しい!」と市や市教委の対応を問うわけですが、
そこには当然予算が必要になってくるわけです。
今度のアウガ問題百条委員会設置のための予算だって、
当然必要になるものであり、そのことをもって
「予算の調整権や提案権を脅かす」ことにはなりません。
そんなことを言ったら、すべてそうなってしまい、
議会で何も決められない、要望できないという事になってしまいます。
そんな屁理屈は通用しません。
小野寺市長は、アウガの問題には関わってこなかった市長です。
だからこそアウガ問題解明のために、全力を注ぐべきではないでしょうか?
市の職員の給与削減でお茶を濁しただけで、真実は明らかになっていません。
巨額の税金が投入され続けながら、経営破たんに陥ったその原因を明らかにし、
同じ事を繰り返さないための教訓にするべきではないでしょうか?
それにしても・・・
最初の議会から共産党に対する態度が尋常ではありませんでしたが、
さらに共産党嫌いを露骨に表すようになってきました。
普通ではありません!みなさん[あせあせ(飛び散る汗)]
そろそろ目を覚ましましょう[目]
コメント(0) 

平和大使の復活を求める署名 提出! [政治のこと]

今日ピースリレー実行委員会のメンバーと
「平和大使の復活を求める署名」1123筆を総務部長に提出!

結局、子どもたちの願いであった「市長に直接渡したい!」ということには
答えてもらえず、総務部長対応になりました。残念!
3月から署名運動に取り組んで、最初は777筆の目標でしたが、
当初の目標を大きく伸ばしての結果となりました。

子ども達の疑問である「なぜ平和大使の事業の予算をなくしたのか」
この答えは最後までわかりませんでした。

子ども達が渡した要請文の最後にはこう綴られています。
私たち市民の声を聞いてほしいです。そして中学生が平和について実際に現地に行って学び、平和を受け継いでいきたいという思いに応えていただきたいです。

市長はこの思いに答えるべきです!
写真 2017-06-29 16 30 37_R.jpg
コメント(0) 

最低限度の生活 [政治のこと]

全国で多発している「生活保護費の過誤払い」ですが、
青森市でもよく相談が寄せられます。

2月1日東京地裁は
「生活実態、当該地域の実情等の諸事情に照らし、返還金の返還をさせないことが相当である」
という判決を下しました。

都内在住のYさんは、シングルマザーで中3の娘と生活保護を受給。
Yさんは、収入申告していた児童扶養手当を、1年3ヶ月にわたり福祉事務所が
収入認定せず、過誤払い59万1300円を分割して払うよう求められていたもの。

Yさんの担当弁護士は
「“資力がない場合には返還額をゼロ円にすることも認められる”ことを正面から認めた判決だ」と評価。
「判決は、福祉事務所が返還を求める場合は、保護利用者が最低限度の生活を営むことが
できるか否かを検討した上で、返還額を決めなければならないことを明らかにした」
ことも重要だと強調しています。

さて、今日も同じような市民が相談に見えていましたが、
青森市はどのように対応するのでしょうか?
判例を重く受け止めるべきです!
コメント(0) 

マイナンバー載せません!(仙台市) [政治のこと]

今日のしんぶん赤旗から。

3月議会で質問した「住民税特別徴収通知書」について。

市役所から毎年5月に送られる「住民税通知書」には、
従業員の名前と住所、住民税額が記載されています。
総務省は、今年の郵送分から、マイナンバーを記載するよう「通知」しています。
全国的に、漏洩の問題や管理の問題などがあり、
マイナンバーの記載をとりやめる自治体も増えています。
こうした流れのなかで・・・
仙台市で、マイナンバーを記載せず、後日、従業員につけた通し番号と
マイナンバーだけを印字した「付票」を事業者に郵送することにしたそうです。
仙台市共産党市議団も
「根本的な解決策ではないが、事業所の負担を軽減する効果は大きい」と語っています。
事業主がマイナンバーの記載を求めたわけでもないのに、
勝手に記載して送られ、さらには厳格な管理が求められ、
漏洩した場合には、罰則まで科せられる!
大迷惑な話なのです。
この「付票」は事業所の判断で、シュレッダーにかけるなど適切に処理できるようです。
厳格な管理の負担は、かなり軽減されるのではないでしょうか。

日本弁護士連合会でも、住民税特別徴収通知書から、
マイナンバーの記載欄を除去することを求める意見書を発表しています。


コメント(0) 

アウガ調査特別委員会 [政治のこと]

3回目のアウガ調査特別委員会が18日ぶりに開かれた。

しかし!
前回の特別委員会で答弁できなかった部分に対する答弁と、
それに関連する質疑のみとする!というではないか[exclamation×2]
(これじゃ何のための特別委員会なのかわかりません)

今日の特別委員会の中身は、こんな感じでした。
まず、奈良岡議員の前回の議論の積み残しとして、
○国の補助金をもらって行った事業に対する経産省の見解は?
→東北経済産業局を訪問し、コレまでの流れを説明し、見解を伺ってきた。
 補助金マニュアルに沿って支給したものであり、価格操作がなければ違法性はない。
○販売促進費の返還について
→平成23年の取締役会で1225万円を返還すること決定。

その後の質疑では、
○税法上問題ないのか
→会計監査人の意見を聞いて行っている。
○補助事業にかかわった設計事務所からは、説明を聞いたのか?
→4月6日に職員が出向いて話を聞きとりしたが、氏名は公表しないようにと言われた。

中村みつお市議の積み残し答弁では
建築指導課と消防に届出をした、と言う資料はだれがつくったのか?
→会社名の公表は了解してもらえなかった。
○建築指導課では
→検査の立会いの対象にないもの。当時の担当者の記憶では、何度か問い合わせがあった。
○消防では
→設置届けの対象ではない。問い合わせの相談等はなかった。

その後の質疑では
○スプリンクラーの届出はあったのか?
→なかった。
○工事はされていた。消防で気がつかなかったのか?
→担当外のことは答弁を差し控える。ただし、設備は安全である。
(届出はないけど、安全であれば何でもありになってしまうではないか)その通り!
結局市は、捜査権がない!これ以上のことはわからない!の一点張り。

藤原市議の積み残しの答弁では
地下の食堂の2000万の工事は会社でやったのか?
→造作工事の一部を会社が負担した。総額については確認できない。

その後の質疑では
○2000万円の工事の必要性と、工事内容は
→一部工事費を会社が負担した。賃借料との兼ね合いで、会社が負担することとした。
○ビル会社が負担する根拠は
→3月31日でアウガは解散となった。開示には応じられない。
○賃借料の滞納はいくらだったのか・
→お答えできない
○延滞料の支払いの取り決めは?
→遅延損害金があった
○回収されたのか?
→今後は精算人が回収すべきものと考えている。

結局、改修工事の必要性も工事内容も明らかにせず、
延滞金も残っているという事だけは明らかになった。
アウガが解散してしまい、これで幕引きを図ろうとしている魂胆が見え見えで、
結局、アウガがなぜ債務超過に陥ったのか明らかにされずに、
調査特別委員会は幕を閉じることになる。
最後は、「報告書」をまとめることになる。
わかったことと言えば、「市は捜査権がないと言って、何も明らかにしようとしなかった」
という事ではないだろうか・・・

議会として調査権限を行使できる百条委員会を立ち上げるべきだ!
コメント(0) 
前の10件 | - 政治のこと ブログトップ