So-net無料ブログ作成
検索選択
仕事のこと ブログトップ
前の10件 | -

アウガ百条委員会 [仕事のこと]

今日は第1回目の「アウガ問題調査特別委員会」が開かれました。

今日は・・・
1.アウガ問題調査特別委員会運営要領(案)について
2.調査事項について
3.記録の提出等について
が話合われました。

2の調査事項については
①アウガ問題に関する調査特別委員会での疑義の残った事項
②アウガが経営破綻に陥るに至るまでの行政関係等の関与の状況調査
この2点としました。
質疑の中で、②はこれまで議会の中でもやり取りしてきたし、
2人の市長が責任を取って辞任しているからいらないんじゃないか!と
発言した議員がいました。
これに対し「市民の多額の税金がつぎ込まれてきたことから考えれば、
原因を明らかにするべきだ」
「そもそもこの内容で議決されているもの、見直しの余地はない」と言う意見で
決着がつきました。

3の記録の提出については、今日の段階で求めたい記録の提出を確認しておけば、
次の特別委員会で審議できるため、ある程度求めておくことになり、
一旦暫時休憩となり、午後から再開されました。
具体的調査事項として決まったのは
1.あおもり「食」街道めぐり事業にかかる工事の入札における見積もり合わせに関する事項
(国の補助事業の部分)
2.青森市「食」街道めぐり事業にかかる工事の入札における見積もり合わせに関する事項
(市の補助金事業の部分)
3.ヤマト運輸株式会社の出店に伴う工事におけるスプリンクラーの移設・増設に関する事項
4.平成25年3月に行った地下飲食店の出店に伴う工事に対し、青森駅前再開発ビル(株)が
工事費を負担していたことに関する事項
5.青森駅前再開発ビル(株)が行った国等の補助事業工事の手順に関する事項
6.青森駅前再開発ビル(株)が工事費を負担していた「アウガ1階水の遊歩道工事①」
「アウガ1階水の遊歩道工事②」「アウガ1回1-8区画ガールフレンド」に関する事項

8月10日までに代表清算人に対し、記録の提出を求めることとしたため、
第2回アウガ百条委員会はそれ以降の開催となります。
私もできる限りこの委員会を傍聴し、推移を見届けたいと思っています。
コメント(0) 

予算委員会2日目 [仕事のこと]

今日の予算委員会では・・・

舘田市議の質問
●生活保護過払いを発生させないための対策は?
→収入に変動があった場合は、速やかに届出を出さなければならない。
 変更処理を行った後、事後の前々月までさかのぼって返還を求める。
 生活保護法61条に基づき、確認書を求める。
 児童手当や児童扶養手当の収入の有無を確認し、情報共有を図る。
 職員の資質向上に努め、相談しながら、返還額を決めていく。

藤原市議の質問
●平和首長会議は世界162カ国と日本では1672都市97.2%の加盟
●日本非核宣言自治体協議会は325自治体が加盟
これらを脱退したと言うのは事実か?
→3月21日付けで脱退届けを提出
●脱退届けの理由は、「財政事情により脱退」と聞いているが、事実か?
→受理されたという書類には、そのように記載されている。
●それぞれの年会費は
平和首長会議は2000円、非核宣言自治体協議会は6万円。
だたし、非核自治体協に入っていれば、2000円は免除。

国連では「核兵器禁止条約」の議論がなされ、100カ国以上の国が批准しようとしている
流れの中、青森県でも、平和首長会議はあと5自治体に迫っている状況であった。
それなのに平和の流れを止めるようなことは、許されない!
●撤回するつもりはないか?
→ない

財政事情っていうけど月にすればたったの5千円ですよ。それを
財政事情でなんていうのは、めぐさくてめぐさくて・・・

さらに今日は、中学生が中体連の代休だったため、
小野寺市長に「平和大使の復活を求める署名」を渡したい!と言って
市役所に来てくれました。
事前のアポでは断られていたため、少しの時間でも受け取るだけでも・・・と
市長室に行きましたが、部屋の扉を閉め切って、
「打ち合わせ中だから」と言って、会ってもくれなかったようです。
子ども達のこの平和への願い、思いをどうして受け止めてくれないのでしょうか?
市長室手前の控え室にいて、市長が出てくるのをずっと待っていましたが、
出てきてくれませんでした。
パッと出てきて、受け取るくらい時間あるでしょ?!
市民の声に耳を傾けるのが、市長の一番の仕事じゃありませんか?!

きっと、怖いんでしょうね。。。
正直な子どもに向き合うのが、できないんでしょうね。。。

ああ 情けない 情けない[バッド(下向き矢印)]
コメント(0) 

予算委員会1日目‐その2 [仕事のこと]

今日の私の質問は、いじめに関する市教委と審議会の対応について

私はこれまでの市教委や審議会の対応を検証する立場から質問する!
●市教委は、これまで遺族に寄り添ってきたと認識しているのか?
→これまでさまざまな取り組み、審議会組織の状況、調査対象など、その都度説明してきた。
 遺族が要望する再発防止策にも取り組んでいる。新委員の選出に当たっても確認しながら
 すすめていく。これまで同様寄り添って対応していく。
●アンケート調査結果の開示について。ご遺族は再三にわたって「原本を見せてほしい」と
要望しているにも関わらず、出てきたは、パソコンで打ち直したものだった。
原本を開示するべきではないか?(当然個人名は黒塗)
→文科省で示している「調査指針」には、例として「個人が特定されること」などの理由から
 打ち直して開示するようにと書かれている。それに基づいて対応したものである。
●遺族が臨んでいる「原本開示」なぜ答えようとしないのか?
→あくまでの指針に従っていく。
●真実を知りたい!学校で何が起こったのか?その願いに答えるべき
→いじめの原因については、丁寧に説明していく。
●私はこのことに向き合わない限り、先に勧めない課題だし、公表を拒む明確な理由と
その根拠を示さなければ「また教育委員会は隠蔽している」と公言しているようなもの。
遺族に包み隠さず伝え、そして真相解明に遺族も参加させることを保障するべき!
加害者の子どものプライバシーを理由に、遺族の知る権利を認めない市教委の姿勢は
改めるべきです!と強調した。

審議会委員の解任問題について
●審議会の調査開始当初から、医師の交代を要望していましたが、それは事実か?
→11月ごろと記憶している。
●実際は9月頃に、委員の交代を要望しているが、なぜそのとき要望に答えなかったのか?
→この医師は医師会から推薦された方で、遺族から要望があったからといって、
すぐに解任する「適格性を欠く」要件に該当しないと判断した。
●しかし、そのことが「思春期うつ」と言う結果につながったのではないでしょうか?
この医師は、八戸北高校のいじめ審議会で臨時委員として入り、自殺は「摂食障害が原因」と
結論付けた医師である。もしかしたら自分たちも、同じように病気が原因にされてしまうのでは
ないかと思っていたら、その通りになってしまった!と語っています。
●医師会からの推薦というが、この医師は医師会には入っていないことは、知っているのか?
→知らない
●医師会メンバーでない医師を、審議会のメンバーに推薦してくるという事は、
どういう事なのか?このことを考えなければいけません。
●八戸北高校のいじめ審議の際の状況などを聞いて判断すれば、
条例にあるように「適格性を欠く」を十分判断できると私は思っている。
結局、調査開始当初の市教委の判断が、このような報告書となって残ってしまった。
市教委は「思春期うつ」について、納得できるものだと言う認識なのか?
→解任要求があり、条例に照らし合わせ見たとき、「適格性を欠く」と
 感じ取ることはなかった。(?結局納得しているいないと言う判断はできない!ということらしい)
●再三にわたって根拠を求めたのに対し、参考書にある一般論を述べ、
なぜそう診断したのか?最後まで示されていません。

報告書の取り扱いについて
●市教委は遺族に報告書原案は「次の委員の資料にする」と答え、
「審議会のための審議会になるじゃないか」と「そういうことになる!」と
答えていますが、教育長も同じ認識か?
→案としてまとまっているものであり、資料として活用する。
●根拠も示さず、勝手に思春期うつにされた報告書原案を下に、新たな委員が資料にするのは
「結果はかわりません」と言われているようのものだ、と受け止めています。
この報告書原案をどのように扱うのかは非常に重要になってくる。
私は、新たな委員として、再度の調査を行い、ご遺族にすべてを開示し、
事実を明らかにしていくことが、次の審議会に求められている!と強調した。

最後に、児童相談所に通告された生徒に対する対策を求めた。
自分たちのやったことにしっかりと向き合い、振り返り、反省し、きちんと謝罪する!
しっかりとその子たちが立ち直るまで支えていくことが大事だ、と強調した。

最後まで読んでくれてありがとう!

コメント(0) 

予算委員会1日目‐その1 [仕事のこと]

今日から青森市議会予算委員会が始まっています。

委員会が始まる前、議会事務局から「副市長が欠席します!」との連絡がありました。
ということは、「市長が出席するのか?」と確認したら、市長は出席しない!とのこと。
10時に委員会を開きましたが、藤原団長が冒頭「副市長が病欠であれば、代わりに
市長が出席してしかるべきだ。理事会の開催を求める」と発言し、暫時休憩となりました。
その後、理事会で協議し、予算委員会の委員長と副委員長が出席の要請に行くことに
決まりました。
要請に行った結果、「訪問客がいるため、出席できない!」と
予算委員会の出席を拒否しました!
おいおい!
自分で予算の提案をしておきながら、予算委員会の場に出ないって
一体どうゆうことなんだ。
しかも、前鹿内市長はすべての予算委員会に出席し、審議を尽くしました。
市長選後、最初の12月議会の予算委員会には出席しましたが、
前回3月議会から副市長が出席しているから・・・と言って、
出席しないことを勝手に表明しました。
今回は、『副市長の病欠』という事態です!
きちんと市長が予算審議の参加し、議論を尽くすべきではないでしょうか?
しかも、予算委員会のときは、何があってもいいように
待機していることになっています。
それを、来客がいるからといって出席しないのは、議会軽視もはなだなしい!
いったい、この市長は何のために市長をやっているのだろう・・・
何を考えているのだろう・・・さっぱりわかりません[ダッシュ(走り出すさま)]

さて、13時から午後の部が始まります!
コメント(0) 

備忘録 [仕事のこと]

さて、昨日一般質問最終日で起こったこと。

ある議員の一般質問中のことでした。
私自身は聞こえなかったのですが、議長が「くだらない質問だ・・・」と言った!という事で、
議員本人からの「侮辱に対する処分要求書」が出されました。
同時に、それに乗っかって「懲罰動議」が出され、懲罰特別委員会が
設置されることになりました。
そのため、暫時休憩となり、各派代表者会議→議会運営委員会→各派代表者会議
→本会議→懲罰特別委員会組織会→本会議→散会
ここまでで23時と言う経過でした。
関係職員、そして理事者のみなさま、お疲れさまでした。

私自身は、たとえつぶやいただけでも、独り言でも、言ってしまった以上は
本人にきちんと謝罪するべきだと思います。
来週月曜日開かれる「懲罰特別委員会」で、どのようになるかはわかりませんが、
①戒告
②議場での謝罪
③出席停止
④除名
どれに値するのかが話し合われると思います。

さらに、「議長不信任決議(案)」も出されていますので、
この取り扱いについても、19日に行われる模様です。
予算委員会も残されていますし、各常任委員会もありますし、
こんなことで議会を混乱させないで欲しいものです。

事実と認め、謝罪すればそれで済む話だったのではないかと思うのですが・・・
コメント(0) 

一般質問4日目 [仕事のこと]

今日は舘田市議の質問。

1.新城山田の「青森市太陽光発電所建設事業」について
市はどのように把握しているのか?
→事業者により予想される環境への影響等を県に提出し、地元説明会を開催。
 その後許可認可後、自然環境が損なわれないようかかわっていく。
○水源への影響に対し、水道部としてどのように対応していくのか?
→深層地下水に影響を及ぼさないよう、法定手続き後、事業者と協定を締結していく。

2.国保について 約5000万円の黒字となった理由を示せ。
→歳入では、保険者数の増、歳出では、給付費の減少による影響

3.霊園事業について
①合葬墓の検討状況について示せ。
→多額の経費を要するため、現段階では難しい。
②三内霊園のトイレについて、改修すべき
→旧式のトイレであるため、すぐに便槽が満杯になり中止している。今後、手法を検討する。

4.公園の桜の木について
野木和公園の老木の桜への対応策は
→パトロール調査を行い、管理を行ってきた。
他の公園の管理も行うよう要望する。

6月議会の一般質問はとりあえず今日で終了。
しかし!現在、またまた青森市議会事件が起こりました。
現在、暫時休憩中!
詳しくは後ほど・・・[バッド(下向き矢印)]

コメント(0) 

一般質問3日目 [仕事のこと]

今日の一般質問

山脇市議の質問
1.あおもりタウンミーティングについて
地域住民が参加できる地域もあれば、できない地域もあるのは、不公平ではないか?
→対象団体の意向に沿った形で開催している。日頃から地域の声を吸い上げているのが
 町内会であるため、問題ない。
○時間制限もあり、住んでいる住民の自由な意見も言えないなんて、
タウンミーティングに値しない。改善の余地はある!

2.新庁舎について
これまでも新庁舎での窓口機能を配置すべき!だと言って来たが、
どの程度の窓口機能を配置するのか?
→柳川庁舎情報コーナーの機能を持たせる考えだが、詳細は検討中。
○パブコメはやらないのか?
→やる考えはない。

天内市議の質問
1.病院改革と地域医療について
赤字解消とはどのように改善するのか?
→急性期の維持、と病床のダウンサイジング、患者に選ばれる病院作り
 浪岡病院は、有識者会議の意見を聞き、計画の見直しをしていく。
2.浪岡中学校の雨漏りを早期解消すべき
→限られた予算の中で、優先度を見極め、検討していく。
3.花岡プラザと農業センターと花岡公園3施設の指定管理について、
3つの目的の違う施設をまとめて指定管理者に任せるのは問題があるのでは?
→施設を活用したイベント等を企画し、安定的に運営できるよう資金面での検討をしていく。

さて、明日は一般質問最終日。
2時ごろ舘田市議の質問です[るんるん]

コメント(0) 

備忘録 [仕事のこと]

さて、備忘録的に議会で起こっていることをまとめておきたいと思いますが・・・

その1
議長選挙の混乱の中で、議会運営委員会をボイコットし、
長期にわたって委員を出してこなかった「自民清風会」と「新政会」の2会派は、
いったん決まった議会運営委員を変更したい!と言って出してきたのが、
元委員長を含めボイコットした当事者を任命してきたのです。
ボイコットした理由の説明も、反省もなければ、謝罪もないまま、
ヘラヘラと参加しているみなさんは、何も感じないのでしょうか?
感じていたら出てこれないですからね。何を言っても無理なんでしょう・・・
あきらめましょう。

その2
「平和大使の復活を求める請願」に紹介議員となってもらったH議員が、
突然、紹介議員を降りたい・・・との表明がなされました。
その理由は『後援会』からいろいろ言われたから・・・だそうです。
また、『これまでと同じ事業を復活というのはどうなんだろう』というのです。
紹介議員を引き受ける際、説明を聞いて納得した上で引き受けたはずなのに、
議員の個人的な都合で辞める、と言うのは、これまで3月から必死で街頭や
地域で署名を集めてきた子どもたちになんと説明すればいいのでしょうか?
このことで、子ども達が何を学ぶかと言えば、政治に対する不信感しかありません。
これで投票に行きましょう!っていえますか?って話。
子ども達はみずからの思いで署名を集め、みずからの意志で「請願」を提出し、
私たち議員に対し、要望を突きつけているわけです。
それに議員一人ひとり一人がどう向き合うのかが問われています。

小野寺市長は、集まった署名を手渡したい子どもたちの要望に、
1分も時間が取れない!と言って会ってもくれないそうです!

結局、大きな力に飲み込まれいくのか!残念です!
政治の中の汚い駆け引きに、子どもの純粋な心をもてあそぶのは止めていただきたいものだ[どんっ(衝撃)]

コメント(0) 

一般質問2日目 [仕事のこと]

今日は私の質問の日。

1、就学援助について
入学準備金の3月支給を(3月議会も同じ質問)
国が要綱改正し、実施してもよい!と自治体に促しているのに、なぜ実施しないのか?
→実施時期について、検討していく。
●いつまでに検討するのか?
→まだお示しできない状況。
*3月31日の国が通知しているのに、一体今まで何をやってきたのでしょうか?
まるで誠意のない、いい加減な答弁にはあきれてしまう。
これまで国の方針に則って・・とか言っておきながら、国がいざやってよし!とゴーサインだしたら、
今度はあれこれ理由をつけて、やろうとしない態度は許せない!

2.化学物質過敏症対策について
市営住宅でおきた化学物質過敏症症状の対応は適切であったのか?
→使用材料の適性に取り扱いや近隣に工事のお知らせをするなど周知する。
○最初に市民に対し「こうしたことは、これまでになかった。国の基準を満たしている」
などと言った対応を改めるべき
→症状を否定したものではないが、丁寧な対応をするよう心がける。
*苦しんでいる市民に「証拠を出せ」などというのは、あまりにもひどい対応だ。
国でもまだ診断基準の明確化されていないなかで、もっと市民の寄り添う対応を
すべきではなかったか!

3.ネットリスク対策について
→教員、児童生徒、保護者、地域住民それぞれに対し、学習会を実施している。
特に就学説明会や入学説明会などを利用し共通認識を共有するように努めている。
*私からは、視神経や脳へのダメージが大きいことを強調し、そのことをもっと子どもたちや
保護者に周知し、対策を講じる必要がある。
低年齢化している状況からも、市教委だけでなく福祉部とも連携し取り組んでいかなければ
ならないと思っています。

それにしても今日は時間が足りなかったな・・・
もっともっと言いたいことがあったのにな・・・


コメント(0) 

一般質問1日目 [仕事のこと]

今日から青森市議会一般質問が始まりました。

藤原団長の質問
1.人事介入について
東奥日報によると、自分を支持した会派に甲と乙とに分け、混乱している議会をみて
危機としてかかわるべきと判断した。法的に問題ない。
甲は、清風会と親政会
乙は、市民クラブ、公明、自民党会派とし、
2年ごとに交替してはどうか。乙の会派からは越権行為だ、議会改革を否定するものだ、との声も。
この報道は事実か?事実であるならば、重大な越権行為であり許されない。
→介入下とのご指摘にはあたらない。
●協定案を示したというのは、これは事実か?
→ご指摘にあたらない。
●甲と乙に分けたというのは?
→過去のことも含め、一丸となって取り組んではいかがか?と言っただけ。
●2年交替で提案したと言うのは事実か?
→過去の事実を示したもの。
●東奥日報の通りだと、重大な法律違反だ。協定案はなかったのか?
→一定のルールをもって対応したら、と言ったまでのこと。
●ルールとは?
→過去の議会にルールのこと
●報道と違う答弁をしているが、新聞社に抗議したのか?
→していない
「一定のルール」をと働きかけたことも、越権行為だ!止めるべき!

いじめ防止審議会への人事介入について
→教育長と情報を共有している。民意に寄り添い対応している。
●いじめ防止審議会規則によると、委員は市教委が任命するとされている。
委員の交代発言は越権行為ではないのか?
→教育長と相談した上で発言したもの。
●委員は市教委が任命するもので、市長が口出しするものではない。
「教育行政に対する介入はあってはならない」と主張しました。

そのほか、アウガの窓口機能移転に伴うトイレや交通渋滞、
保健室、職員の労働環境、文書管理などの問題点を指摘。
また、新庁舎におけるバルコニーの設置目的について指摘しました。

次は、13日火曜日13時から、私が質問します。

コメント(0) 
前の10件 | - 仕事のこと ブログトップ