So-net無料ブログ作成

自民党員でも怒! [今日の出来事]

今日は地域支部のNさんと行動しました。

Nさんの自宅周辺を歩くといつも犬の散歩をしているお父さんがいます。
その方は「わー自民党員だはんで」というのがあいさつ代わりになっていますが、
「おめだぢ、がんばるっきゃな~」と言いながら「わー自民党員だばって」といいます。
私「うん!それわがってるって[揺れるハート]」といいつつ、
私「今の安倍政権どんだ~?」
お父さん「まねまね(ダメダメ)、わーでもマイねど思ってる!」
お父さん「今度だば、そっちさ入れねば、マイねなー」
私「自民党員だからこそ、ちゃんとしゃべってもらわないと困るよ!」
お父さん「ほんだほんだ」
こんな会話で盛り上がります。

そして地域支部のNさんは、この自民党員のお父さんですが、
最近奥さんを亡くし、かわいがっていた犬も亡くし、
落ち込んでいるんではないかと、心配して
いつも声を掛けているのだそうです。
すごいなNさん!
そういう姿勢は私も見習わなくっちゃ[あせあせ(飛び散る汗)]って思ったのでした。
コメント(0) 

今日の議運 [仕事のこと]

今日は議会運営委員会が開かれました。

6月議会提出予定案件の説明が理事者からあり、
その後、会期や予算特別委員会などについて協議が行われました。

最後に、「議会運営にかかる改善事項」についての議論に。
昨年の議会運営委員会での視察の中の
①議場コンサート
②対面式質問席の設置
この2つについてどうするか協議。

各会派の態度はこちら[exclamation]
自民清風会:①反対(理由示さず)②会派で議論していない
新政無所属の会:①反対ー議場になじまない②予算にもよるが賛成
日本共産党:①賛成②賛成
市民クラブ:①賛成②賛成
公明党:①賛成②賛成?
社民党:①個々に意見が違う②賛成
自由民主党:①個人的には賛成②今のままでいい

よって
①議場コンサートは協議終了
②対面式質問席は見積りを取ってみることになりました。
しかし、議場コンサートは市民に開かれた議会にする実践としても、
議会を身近に感じてもらう機会にもなりますし、
発表の機会にもなりますし、それほどお金もかかりませんし、
なぜブレーキをかけるのか不思議でなりません。
何で反対なのかも示さず反対するのは論外ですが、
議場になじまないといいますが、議会中に居眠りしたり、
動画をみたり、携帯をいじったりするほうが、
よっぽど議場になじまないのではないでしょうか。

コメント(0) 

ご飯論法が話題 [政治のこと]

今日のしんぶん赤旗『潮流』でも話題に・・・

「朝ごはんは食べたんですか?」
「ご飯は食べませんでした(パンは食べましたが、それは黙っておきます)」
「何も食べなかったんですね?」
「何も、と聞かれましても、どこまでを食事の範囲に入れるかは、
必ずしも明確ではありませんので・・・」

こうした論点のすり替えや、はぐらかし。
不誠実な政府答弁の手法を例えた“ご飯論法”

なるほど。
元官僚のどっかの市長もこの“ご飯論法”がお得意。
しかし、すり替えやはぐらかしだけではなく、
聞かれたことには応えず、同じ答弁を繰り返し、
違うことを聞いても、同じ答弁を繰り返す。
さらには、部下を信頼しているといいながら、
自分の意に沿わない答弁をした部下を叱り、
終いには、隅に追いやってしまう、という手法を見せ付け、
職員が物言えないような状況に追い込んでいます。

議会でのまともな議論ができないだけでなく、
見せしめで職員の口まで塞ぐような運営では、
市民の声が届かないだけでなく、
働く職員の意欲までそがれてしまいます。

市民のために何ができるのか、どうすれば可能なのか、
一緒に考える市政を取り戻したい!

コメント(0) 

八戸へ行ってきました! [日記]

今日は東北大会出場をかけた試合の応援に
八戸に行ってきました。
八戸の朝市に行ったことがなかったので、
朝5時に青森を出発して、まずは
朝市で腹ごしらえ!
まーびっくりしましたね。
店の数に人の数に…。
青森市でもこんな朝市やれたらいいのになー。

さて、10時から始まった3位決定戦!
チャンスを生かしきれず、敗退。
みんなかんばりました。
夏の大会でこの悔しさをバネにして、
がんばってほしい!です。






iPhoneから送信
2018-05-27T14:40:31.jpeg2018-05-27T14:40:31.jpeg2018-05-27T14:40:31.jpeg

コメント(0) 
共通テーマ:moblog

不正は許さない! [市議会議員として]

今日はある市民の方から相談があり、
その方と一緒に警察署に行ってきました。

約1ヶ月前にはなってしまいますが、明らかに相手方に過失があるにもかかわらず、
その事実を隠そうとして、なかったことにしようとしているため、
きちんと事実と向き合っていただくために、
そのような対応をさせていただきました。
安倍首相や日大監督のように、あったことをなかったとすることは
許されません。
しっかりと自分のしたことに向き合って、最後まで責任をもって
対応することを強く求めたいと思っています。

社会的に名の知れた方だからこそ、
しっかりとした謝罪と誠意ある対応が求められているのではないでしょうか。
被害者を脅すようなことがあれば、それこそ許されない行為です。

コメント(0) 

議員派遣報告書の公開に背向ける! [市議会議員として]

傍聴していた市民の方から
「議員派遣を毎回議決しているが、議員からの報告書はみれるのか?」と質問を受け、
事務局では「情報公開制度の利用する必要がある」と回答。
市民の方は「議員派遣は税金である。ホームページや議会だよりで公開する必要があるのでは」
このことを検討していた広報公聴特別委員会で、次のような結論になったようです。

自民清風会ー公開するにはまだ熟慮する必要がある
新政無所属の会ー情報公開制度がある。市政にも反映していると考えている。
日本共産党ー市民の要望に答えるため。。開かれた議会づくりのため。
市民クラブー市民への報告は当然である。
公明党ー報告書をホームページに掲載するかどうかのみ決めればよい。
社民党ー公開が課題であることから、検討の場は議会改革検討委員会がよい。
自由民主党ー他都市の状況をみてもそこまで進んでいるわけではない。
無所属ーもっともな市民の声。公開してもよい。

結果、公開しないこととなりました。
このような議員や会派が多数を占めているということを
どのように思いますか?
ぜひ、多くの市民のみなさんに知っていただきたいと思います!
コメント(0) 

新しいのぼり [日記]

新しいのぼりが完成し、今日の朝街宣デビューしました。

ちづ子さんとの連名ののぼり!
大きく目立って?います。
写真は母。
認知症になっても、毎週月曜日の朝街宣は
忘れずにきてくれています。
父がいなくなって、さびしくなりましたが、
両親に支えられ、地域のみなさんに支えられ、
いつも感謝を忘れずがんばり続けます!
iPhoneから送信
2018-05-21T17:22:33.jpeg

コメント(0) 
共通テーマ:moblog

雪対策特別委員会 [市議会議員として]

今日は雪対策特別委員会がありました。
今冬の積雪の状況や、除排雪の出動状況、福祉の除雪制度の利用状況などの
報告がありました。

今日の委員会で際立っていたのが、やはり葛西市議でした。
まず、今冬からトラックの雪を運んで捨てる雪捨て場が新たに開設され、
ごみが海に流れていかないようにネットが装備されていました。
ごみの量はどれくらいだったのか?
→200キロ
それだけのごみが海に流れていかないのは、大きな効果があったのではないか。

除排雪の出動状況について、最大と最小を示せ。
→最大16回、最小で5回
どこの工区か?
→市内でも雪の降り方が違うため、同じにはならない。工区は示せない。
(他の委員からは、どこの工区か明らかにしろ!という声も)

狭わい路線の出動状況も報告して欲しい
→集計中
これまで雪対策特別委員会で、1度も報告されてこなかった。
過去3年分の出動状況を示して欲しい。

除排雪のことをよく理解していないとなかなかできない質問で、
さすが雪の葛西の言われる所以だと思いました。
葛西市議は今期限りで勇退することになります。
残念ですが、葛西市議の視点をしっかり吸収したいと思います!
コメント(0) 

観てみたい映画「コスタリカの奇跡」 [市議会議員として]

新婦人しんぶんより・・・

コスタリカは北米と南米の中間に位置し、面積は九州と四国を合わせたくらいの小さな国。
アメリカの圧力と内戦や紛争が絶えない地域でありながら、1948年に軍隊をもたないことを
憲法で決め、積極的平和国家を国際社会に発信し続けているそうです。
映画「コスタリカの奇跡」は軍隊なしで、どのように国の平和を保ち、人々の暮らしが変わったのか
歴代大統領や研究者ジャーナリストなどのインタビューで描いているそうです。


監督が調査の中で驚いたのが、「大学生の91%が軍隊の復活へ
のいかなる動きにも反対していること。軍隊の廃止は、積極的な生産的な意味が
あると、国民的な合意があること」と。
軍隊をなくし、軍事予算はゼロとなり、福祉や教育のお金をまわし、教育は無償となり、
国民皆保険制度により寿命も延びた、環境保護や温室効果ガス対策などにも
取り組んだ結果「地球幸福度指数は世界1位」。
ポイントのもう1つは、軍隊をもたない代わりに別の形の国家モデルを作ってきたこと。
軍隊撤廃後も、アメリカからの圧力や隣国などとの緊張の高まりの危機の際、
そのたびに、国際法や国際機関を頼り、再軍備の動きに対しては、国民が
国際司法裁判所に訴え、国民の圧倒的な意思で非武装を貫いてきたそうです。
この経験の下、「国の安全を保障するものでは、軍備ではなく国際的な法の枠組み」と
憲法学者が自信をもって語っています。
核兵器禁止条約で、その案文をまとめたのがコスタリカ出身を大使で、
平和の構築をリードする役割も。
同じように平和憲法をもつ日本はどうでしょう。
軍事費は5兆円を越え、武器輸出も解禁し、そして改憲。
映画監督は「日本のような平和憲法をもつ国こそが国際的な平和システムを強化することで、
軍事産業の闇に立ち向かうことが出来ると信じている」・・・

青森市でも上映してほしい[映画]
コメント(0) 

今週の読み聞かせ [絵本のこと]

今週は4年生のめんこちゃん[るんるん]

読んだ本は、コレ!

いいにおいのおならをうるおとこ

いいにおいのおならをうるおとこ

  • 作者: ジル ビズエルヌ
  • 出版社/メーカー: ロクリン社
  • 発売日: 2016/12/21
  • メディア: 大型本


両親が突然亡くなり、残された兄とおとうとの話。
兄はおいぼれた犬以外すべての財産を取り、
おとうとには、そのおいぼれた犬だけを渡しました。
ある日、その犬が“すき”できれいに畑を耕しているのを見た兄が、
犬を貸してくれ!と言って、連れて行ってしまいます。
しかし、全く働こうとしない犬を殺してしまったのです。
おとうとのやることすべてを奪い、得をしようとする兄が
最後には・・・という話です。
昔話によくあるストーリーなのですが、
今日おじゃましたクラスのめんこちゃんが、
「兄がやることすべてが悪いほうにいくような気がする!」と感想を述べてくれました。
お話の本質をよく理解してくれた感想ですばらしいと思いました。
4年生くらいになると、周りを意識するようになり、感情を抑えながら、
読み聞かせを聞くようになります。
“おなら”の話なので、もう少し笑ってくれるかと思いましたが、
そうはいきません、でした。
こういう場面で、ああ、しっかり成長しているな~と感じさせてくれるめんこちゃんたちでした[かわいい]

コメント(0)