So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

一般質問1日目 [仕事のこと]

今日から一般質問がはじまりました。

藤原市議の質問
◎平和大使の復活について、6月議会の決議や請願の趣旨を踏まえ、復活すべき!
→(市長答弁)請願や決議の採択の要望を踏まえ、平和・防災学習事業として
 釜石市の戦災復興と東日本大震災の復興も同時の学ぶことができる。
 釜石市長にもご快諾いただいた。
●6月議会の決議や請願の趣旨は、「平和大使事業」そのものの復活だ?ズレているのはなぜ?
→全体として見直しし、決議を踏まえたうえで結果として、合致するものにはならなかった。
 新たな結論としてお示しした。
●平和大使は長崎に行くことが重要であり、それが大きな目玉であった。
 なぜ釜石なのか?
→釜石も艦砲射撃で800人もの犠牲者を出している。東日本大震災の教訓も同時に学べるため。
●なぜ?なのかに答えていない。空襲を受けた東北地域は釜石以外にもたくさんある。
 秋田や仙台。同じく東日本大震災も経験している。釜石である根拠は?
→足元の東北で、被害をうけた東日本大震災であること。
●大事なのは原爆の悲惨さや実態をみること。なぜカットしたのか?
→距離もある。多額の経費もかかる。足元である東北で、多くの中学生に学んでいただきたい。
●趣旨と大きくずれたもの。釜石に行くことはそれはそれでやっても、
 やはり核兵器禁止条約が採択され、世界の流れが大きく動いている時。
 市民や議会の決議にも答えていない!
→適切に対応している。
結局、なぜ釜石なのは?その根拠は示されませんでした。

◎平和首長会議には、10月1日から再加盟することとした。
(コレは大きな前進)
◎核兵器禁止条約に批准するよう国に働きかけるべき!
→国として判断すべきもの。推移を見守る。

明日は、11時から山脇市議がアウガ問題で質問します。
ぜひ傍聴においでください。
コメント(1) 

コメント 1

dokic

市長にはもう少し踏み込んで答弁していただかないと、根拠は見えないように思います。
この対立だと、藤原さんに一票かな。戦災都市は数多くあれど、藤原さんはじめ共産党市議団の皆様が貫いている理由が、今回の質問で分かったので。
by dokic (2017-09-11 22:36) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。