So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
仕事のこと ブログトップ
前の10件 | -

予算委員会2日目 [仕事のこと]

今日の予算委員会での私の質問。

1.市民病院で保証人がいない場合の入院や手術について、
市民病院ではどのように対応しているのか?
→保証人がいないことを理由に、拒否することはない!
●しかし!実際に保証人がいないことで手術をことわられた方が存在しています。
いくら調査していなかったといっても、事実は事実。
自治体病院は、市民の最後の砦。命を大事にする市民病院であったほしい。

2.企業主導型保育事業についてー実態を示せ。
→H28年7月からはじまって、現在市内に6施設194人分。
●現在の待機児童数は?
→いない(?)
●保育料は?
→平均して3万5千円前後。
●青森市の保育料と比較して、どのようになっているか?
→事業者が定めることになっている、平均額が設定されている。
○市の認可保育所は所得に応じて負担する応能負担ですが、そうした仕組みになっていない。
更に誰と契約するかは企業や施設側が決めるので、払ってもらえない人は保育を受けられない。
保育の実施義務を骨抜きにする動きが強まっている!と指摘。
●現在の地域枠の子どもの入所数は?
→22名
●この22名の保育料は市で把握しているのか?
→各事業所、一定の金額になっている。
○とはいうものの、市の関与が及ばないのが企業主導型保育事業所です。
●この地域枠は子ども子育て支援事業計画に位置づけるように指針が改正されていますが
本市のどうするのか?
→子ども子育て会議の中で決定していく。
○コレに位置づけてしまうと、認可保育所に入れなかった場合、企業主導型に必ず入れる!
という保障はどこにありませんから、絶対に位置づけるべきではない!と指摘。
●企業主導型保育事業所の保育士は半分でいいことになっていますが、
市の認可基準よりも低いという認識でいいか?
→認可外としての位置づけでいるため、3分の1が2分の1となっている(?)
●施設基準は?
→基準に従ってチェックしている。
●災害共済の対象になっていないが?
→把握していない。
●市が認識している企業主導型保育事業の課題はなにか?
→国の基準よりの上回る人員配置が安全安心な環境であり、設置する際の
権限はないが、より基準に近づけるよう助言などしていきたい。
○多様な働き方に対応するためといわれていますが、実際は企業のためのもうけを
あげやすくするための環境整備だといわざるを得ない。企業主導型保育事業による
待機児童解消対策として広げてはならないと強調。しっかりとした保育の質が確保できるように
指導監視していただきたい。

3.教員の勤務時間の把握方法について、現在試行的に行われている方法とは?
→4月から全小中学校で実施。朝パソコンを立ち上げ出勤時間を入力し、
帰りも退勤時間を入力し、時間外も内容別に把握するようになっている。
●それだとどうしも本人の裁量で増やしたり減らしたりできる仕組み。客観的な
勤務時間の把握にならないのでは?
→実態を把握してより近い時間を申告していると考えている。
●先生方は「当然忖度していますよ!」と言っていますが、それに対する市教委の認識は?
→校長会で取り組みの意義と必要性を説明している。教員にも伝えている。
乖離した内容であれば、指導していく。
○校務支援システム導入に当たって、やはり忖度できない客観的な方法での
勤務j時間の把握できるシステムの導入を検討すべきだ。
●勤務時間の定義について「持ち帰り業務」はどういう位置づけか?
→家に持ち帰って、家庭での業務であると認識。
●今勤務時間の入力が始まって、市教委に報告するようになって、校長は
ただ早く帰れ帰れ!と指導するようになればなるほど「持ち帰り」が増えることになり、
根本的な問題の解決に何もつながらないことになるんです。そういう認識はもっているのか?
→持ち帰りは前からあったものであり、業務の見直しの中で・・・・
○そういう認識では何も変わらないし、多忙化解消につながらない!と指摘し時間切れ

60分時間ありましたが、最後は足りなくなりました。
ちょっと尻切れトンボでした。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました[るんるん]

コメント(0) 

一般質問4日目 [仕事のこと]

今日は私の質問!

1.第三者行為求償事務についてー対象者の把握は?
→①傷害届の提出
 ②外傷、打撲、骨折などのレセプトを抽出
 ③新聞やニュースなどの交通事故を注視
 ④医療機関に傷害届の提出義務を伝える
 ⑤国保連からの通理などにより可能な限り発見、傷害届の提出をお願いする。
○「救急搬送記録」の活用を検討すべき
→今後検討したい。
○悪質なケースには厳しく対応すべき
→レセプトを見てからの判断となる。

2.子育て支援ー国保の均等割軽減を実施すべき
→制度の負担と公平性の観点から、担税力が著しく低下した場合以外は
 対応は考えていない。
○均等割とはどういう課税方式か?
→世帯の数に応じて課税される
○子どもが増えれば増えるほど負担になるという認識でいいか?
→世帯の人数で課税されるため、そういう性格のものではあるが、
 国保全体の制度設計の維持が必要であるため・・・
●子どもが増えるほど負担増という事は認めたことになる!!!!

3.みなし寡婦控除ー25の事業のみなし適応が実施される市の取り組みは
→国から示される通知をもとに適切に対応していく。
○世帯数と周知は?
→24世帯がみなし適応を実施している。HPや広報、チラシやパンフレットのほか
 利用申し込みの際、該当と思われる際には窓口で周知に努める。
○所得税や地方税法の改正がやはり必要。国に働きかけるべき
→国に要請している。

4.就学援助についてーお知らせチラシやHPへの掲載
→慎重に検討していく(コレって後退だべ)[どんっ(衝撃)]
(私の心配が現実になりました。やっぱりな・・・)

5.西中の砂ぼこり公害について
→改修工事ご、水はけやよくなり乾燥が速く、土の飛散となった。
 今後は防塵剤や散水をこまめに行っていく!

4日間の一般質問が終わりました。
来週は各常任委員会と予算委員会があります。
コメント(0) 

一般質問3日目 [仕事のこと]

今日は舘田市議の質問です!

1.空き家対策について
 「空き家対策特別措置法」に基づくコレまでの取り組みを示せ。
→国の特措法はH27.5施行。本市の条例はH27.4施行。現地調査や応急措置対応してきた。
舘田市議は地元油川地域にある危険な空き家について、なぜ特措法の基づいて「特定空き家」
として認定しないのか?実態と突きつけて質問したが、結局、空き家等対策計画を策定して
定めることになる、としこれまで市としてやってこなかった事実が浮き彫りになった。

2.合葬墓についてー共用スケジュールについて示せ。
→今月下旬の入札において、設計業者を選定。H31建設、H32共用開始予定。
地下かろうとの規模や資格、条件、募集方法、使用料、埋葬台帳などなど、
さまざまな角度から質問したが、何1つ決まっていないと答弁。

3.高齢者支援について
①終身建物賃貸借制度の取り組みと普及について
→事業認可が必要であるため、事業者から相談があった際には情報提供に努める。
どうやって周知するのか?
→周知方法について検討していく。
②間口除雪軽減の実績は?
→H29青森市地区467件 浪岡地区523件
スマートフォンに登録し、GPSでアラームで知らせる機能をもたせるべき
→情報収集に努める
③終活支援について
→事業者NPO,勉強会など広報、HPなどで紹介していく。
行政だけでなく、葬儀屋、医療介護機関、NPOなどと協力しながらすすめていくべき

4.バス待ち環境についてー整備状況は?
→新規2ヶ所、改修17ヶ所、修繕4ヶ所
場所がない場合は民有地を借り上げるなどしてでも、場所を確保すべき。
雪国使用のバス待合所にすべき!

明日は、一般質問最終日。
11時くらいから村川みどり 
13時くらいから山脇智市議が質問します。
ぜひ傍聴においでください♪
コメント(0) 

一般質問2日目 [仕事のこと]

今日は天内市議の質問でした!

1.地域医療について
浪岡病院では、今後どのような医療を提供していこうと考えているのか?
→特には在宅医療に関わる体制を早期に整え、国に在宅療養支援病院の届出をする。
 保健・福祉・介護連携を担う地域連携室の体制を3人から6人に増員した。
 地域に喜ばれる医療体制を構築していく。
2.農業についてー労働力不足に対する市の対策は?
→担い手対策をますます重要。国の制度の活用や就農相談などの実施。
 農地の集約集積を図り、持続的発展に努める。
3.空き家対策についてー空き家等対策計画を作るべき
→国のガイドラインの検証をすすめる。
4.地域活動環境改善事業についてー昨年度の実績は
→197町会のうち64町会で活用し、1149万372円の実績
 平成32年までの繰越が可能。

明日は舘田市議の質問です。
午後1時くらいからになると思います。
ぜひ傍聴においでください♪
コメント(0) 

一般質問1日目 [仕事のこと]

今日は藤原団長の一般質問。

1.操車場跡地とアリーナについてー財政見通しを示せ。
→有識者会議と民間活力導入可能性調査を実施し、概略が決まった段階で
 これまでも中期財政計画に反映して、修正してきた。
 市の財政に影響を与える事業であるため、財源の確保に努める。
 共産党は4月21日の記者会見で10階建て100億円の庁舎を建てることの
 旗を降ろしていない。論理的に矛盾している。まさかアリーナ建設を
 「白紙撤回」しろと言うつもりでは?当時の与党としてけじめをつけるべき!
(よくもこれほど関係のない答弁をシャーシャーとできるもんだ!)
◎すで国体の競技会場は決まってしまっている。間に合わせる必要はないのでは?
→市民体育館の老朽化、操車場の利活用、スポーツ振興新たな交流拠点が必要との
 機運がたかまり、国体前年のリハーサル大会を念頭におきながらすすめていく。
◎もう決まっているのに、なぜ2025年にやると言えるのか?
→県からはリハーサル大会に間に合えば、変更可能であるといわれている。
◎原理原則から言えばおかしい話。準備が積み重ねれられて、競技団体とも協議が
行われ決まってきたもの。何の協議をやるつもりなのか?
→まだ決まっていない。
◎2024年までに完成するには、いつから工事始まるのか?
→現在、有識者会議に図っている。キックオフしたばかり。

県や競技団体に迷惑かけることになりかねない。禁じ手だ!
アリーナ建設は一旦棚上げし全体の利用計画を作るべきだ!
その上で操車場跡地に何を作るのか、何が必要か。
財政の年次計画を立てて考えていくべき!
アリーナ建設プロジェクトはストップすべき。

明日は、11時ごろから天内市議が質問します!
コメント(0) 

いよいよ明日から一般質問 [仕事のこと]

一般質問初日は藤原団長の一般質問が行われます。

1.操車場跡地へのアリーナ建設について
  財政見通しについて示せ。
2.働き方改革一括法について
  短命県返上に逆行するものであり、反対すべき。
3.集落墓地について
  相談窓口の設置や実態調査を行うべき。
4.点字ブロックについて
  盲学校へ行く歩道に点字ブロックを整備すべき。

上記のような質問を行う予定です。
ぜひ、傍聴においでください。おおよそ午後1時頃からはじまると思われます。
インターネット、ケーブルテレビでの視聴もできます♪


コメント(0) 

今日の議運 [仕事のこと]

今日は議会運営委員会が開かれました。

6月議会提出予定案件の説明が理事者からあり、
その後、会期や予算特別委員会などについて協議が行われました。

最後に、「議会運営にかかる改善事項」についての議論に。
昨年の議会運営委員会での視察の中の
①議場コンサート
②対面式質問席の設置
この2つについてどうするか協議。

各会派の態度はこちら[exclamation]
自民清風会:①反対(理由示さず)②会派で議論していない
新政無所属の会:①反対ー議場になじまない②予算にもよるが賛成
日本共産党:①賛成②賛成
市民クラブ:①賛成②賛成
公明党:①賛成②賛成?
社民党:①個々に意見が違う②賛成
自由民主党:①個人的には賛成②今のままでいい

よって
①議場コンサートは協議終了
②対面式質問席は見積りを取ってみることになりました。
しかし、議場コンサートは市民に開かれた議会にする実践としても、
議会を身近に感じてもらう機会にもなりますし、
発表の機会にもなりますし、それほどお金もかかりませんし、
なぜブレーキをかけるのか不思議でなりません。
何で反対なのかも示さず反対するのは論外ですが、
議場になじまないといいますが、議会中に居眠りしたり、
動画をみたり、携帯をいじったりするほうが、
よっぽど議場になじまないのではないでしょうか。

コメント(0) 

一般質問5日目 [仕事のこと]

今日は舘田市議の質問。

1.高齢者福祉について
①自立支援とは、どのようなことか?
→(介護保険法1条や116条を紹介)個人として尊重され、その人らしく自分のもてる力を
 自分の意志で主体的に生活できることであり、必要な支援をおこなっていくこと。
②新総合事業のチャックリストを実施し、どのようなサービスが受けられるのか?
→昨年794人に実施し、チェックリストのみの人が96人そのうちサービスを利用した人が72人。
○チェックリストを利用した人は、どの後どうなっているのか?
→元気アップ事業を利用した17人のうち15人が改善2人が変化なし。
 その後の利用者宅を訪問して聞き取りをした結果。6人が地域の集いに参加。
 11人が自宅で実施。
○再び介護が必要になった場合はどうするのか?
→その状況や本人の希望により、チェックリストや認定を行っていく。
○そうなれば、エンドレスにチェックリストを繰り返すことになる!
③共生型サービスの内容を示せ。
→H30.4月1日から創設される。介護保険では、ホームヘルプ・デイサービス・ショートステイ
 これまでは障害のサービスを受けた者は、その他のサービスを利用できなくなっていたが、
 両方のサービスが利用できるようになる。
○障害者が65歳になっても、同じサービスが受けられるというが、
介護認定は受けなくてもいいのか?
→そのまま障害者福祉を受けられる。現在利用しているサービスを介護サービスとして利用。
 不足した分は障害者福祉として受けることになる。
○給付制制限が持ち込まれるのでは?
→足りない分は障害者福祉サービスを受けられる。心配ない。
○障害者サービスは非課税世帯は無料になるのか?
→一旦支払っていただけき、高額療養費として返還される。
○そうなれば、サービスを受けることが抑制されることになる!

2.農業について(省略)

3.合葬墓について
変更になった内容について示せ。
→2億数千万円を9990万に縮小し、骨箱は2000体を維持しつつ、
 デザインを立方体にし、地下を8角形から四角形へ。全体の面積を6割縮小。
 詳細は設計の中で具体化していく。
○必要最低限のものでいいと思うが、920万円の無駄にし、大幅に事業が遅れたことは
事実であり、受け止めるべき。
利用料はどうなるのか?地下のカロートスペースは?
→設計の段階で詳細が決まる。
○遺骨が多くなれば安く済む。埋葬のみの人は安い料金設定すべき
→整備費、管理にかかる費用は最終的に条例で決める。
○減免制度を設けて欲しい!と要望。弘前では生活保護者は無料。1日でも早く共用開始を。

これで一般質問は終了。
金曜日から予算委員会があります!
コメント(0) 

一般質問4日目 [仕事のこと]

今日は山脇市議の質問

1.給与減額について、昨年に続いて継続する理由は?
→課題が大きく進展し、再出発を果たし、道筋がついたため、
 一般職については解除し、管理職については減額し継続し、
 市の責任者として、しっかりと取り組んでいく姿勢を示すため。
○市の課題というのは、常に残されており、一生涯続くもの。
永続的に続くのではないか?
→進捗状況を見ながら、その都度判断する。予断をもっているわけではない。

2.駅前庁舎について。議員相談室を設置すべき
→必要に応じて、庁舎運用の中で対応する。
○具体的には?
→会議室や個別の相談室の空きを見計らって利用していただく。

市民のプライバシー確保について
→個室は3個から23個に。パネルによる仕切りの設置37箇所から94箇所に。
 引き続き継続検討していく!

3.立地適正化計画について、操作場跡地の位置づけは
→地区拠点区域の6つのうちの1つと位置づけ。
 子育て・福祉・災害の危険が低く、防災の拠点としても、
 多目的ホールを設定している。
○指定寄付だから言う理由で、建設場所まで指定するのは、行政のあり方として
問題だし、歪められている。あくまでも健康づくりとスポーツ振興にとどめるべき。
→特に問題はない!
○公平性意識が欠けている。場所を指定するのは行きすぎであり、
財政見通しも示されていない。拙速すぎる!と指摘。

明日は、舘田市議が質問します。
ぜひ傍聴へおいでください。
コメント(0) 

一般質問3日目 [仕事のこと]

今日の私の質問

1.市長の政治姿勢について、ヒバクシャ国際署明に平和首長会議に再加盟した青森市長として
署明する考えはないか?
→(市長答弁せず、総務部長が答弁)
 (しかも、中身は以前藤原市議が、核兵器禁止条約を批准するように国に働きかける考えはないか?
 の質問と答弁が全く一緒のもの)
ヒバクシャ国際署名連絡会によると、2016年から20年まで国連総会に提出することになっていることは
聞いている。核兵器の全面禁止と根絶を目的として核兵器禁止条約は、国連において賛成多数で採択されたものの、日本政府としては、1つに核兵器国と非核兵器国の協力による具体的実践的措置を積み重ね、核兵器のない世界を目指すという日本の基本的立場に合致しないこと。2つに、北朝鮮の核ミサイル開発の深刻化などに直面している中、核兵器国と非核兵器国の対立を一層助長し、その亀裂を深めるものであるとの理由から、核兵器禁止条約の交渉開始を求める決議に反対票を投じ、条約の採決においても不参加であったことついては承知している、この条例の批准については、国として判断すべきものであり、市としてはその推移を見守っていきたい。と答弁
○私が聞いたのは、ヒバクシャ国際署名に市長として署明する考えはないか?と聞いた。市長に答弁を求める!
→(全く同じ答弁を繰り返す)
(長々として答弁を繰り返され、非常に無駄な時間を取られた!怒り心頭)
市長はヒバクシャ国際署明を拒否した!青森空襲でも多くの命が奪われ、青森市という郷土を守ってきた被爆者の願いに背くものであり、看過できない重大な問題である!指摘した!!!

2.生活保護について、火災保険料のその後の調査結果と支給実績を示せ。
→火災保険料の支給が認められる世帯656世帯中250世帯に支給した。
○そもそもこうした状況になっている根底には、働き方働かせ方がある。現在の青森市の標準数は
→95世帯(本来は80世帯でなければならない)
○ケースワーカーの経験年数は?
→1年未満10名14.1%、1年以上3年未満29名36.6%、
3年以上5年未満11名15.5%、5年以上24名33.5%
○社会福祉主事と社会福祉士は
→71名中70名が社会福祉主事、1名が社会福祉士
○社会福祉士を採用する考えは?
→考えない
○横浜市は福祉職枠で採用し、60.2%が社会福祉士に有資格者。福祉専門の正規職員体制。
専門性をもった有資格者を確保し、しっかりと丁寧に市民に向き合える環境を整えていくべきだ。

3.放課後児童会について、6時半までとして根拠は?
→1つに親子で過ごす時間をできるだけ多くもっていただきたい
  2つに子どもの帰宅時間が遅くなることによる家庭生活や学校生活への影響 
  三つに保護者の9割以上は就業時間が午後6時までであること
  4つに放課後児童支援員の家庭生活への影響を考慮し、6時半までとした。
全く根拠になっていない。保育所は19時まで園長保育を実施しているのは、保護者の勤務実態は
反映させてこの時間になったはず。小1になれば早く変えれるようになるデータでもあるのか?
まるで、19時までにしない理由を、保護者や子ども達に転化している答弁で納得できない。
今後も検証を続けて欲しいい。

4.教職員の長時間労働改善について(長くなったので、今日は省略します。後日報告します)

月曜日3月5日は山脇市議が質問します。
ぜひ、傍聴においでください

コメント(0) 
前の10件 | - 仕事のこと ブログトップ