So-net無料ブログ作成
仕事のこと ブログトップ
前の10件 | -

一般質問2日目 [仕事のこと]

今日は赤平市議の質問

1.合葬墓についてー供用開始や申し込み介し時期は?
→月見野霊園に8800万円で事業者と締結し、今年11月完成予定。
 来年6月までに外装完了予定。2000体の納骨室と合葬室と献花スペースを設ける。
 要件については、一般墓地区画をもとに、遺骨を保有し、市内に住所がある者。
 墓の使用許可を受けていない者。改葬の場合も、市の区画返還を条件にする。
 生前予約も市内に住所があり、一定年齢以上を想定している。

利用料や内覧会、パブコメなどは今後検討!
来年3月の定例会の条例案を提出予定とのこと。
これほど需要があるんだから、市民意見を反映させながら吟味して作り上げるべきだ!

2.空き家対策についてー計画策定の進捗状況
→今年度より計画策定に拍手。基本的指針、跡地利用、特定空き家、相談体制などを検討。

こちらも何を聞いてもこれからこれからというばかり[どんっ(衝撃)]

3.在宅重度障害者理美容サービスについてー利用者負担を増やした理由は?
→他差サービスとの均衡、他の自治体との比較をした結果、市内低価格サービスが
 1000円であったため。
◎検討した期間は?
→予算編成作業のなかで
◎利用者に通知したのは?
→4月16日利用登録者に通知した際に、同封した。
◎利用者数は?
登録者25人利用者16人
◎軽減額は
→2万9千円
◎もとの戻すべき
→考えていない
障害者福祉の切捨ては許されない!

たったの2万9千円の削減で市の財政にどう影響しているんでしょうか[どんっ(衝撃)]
障害者に冷たい青森市政がどんどん加速している[exclamation×2]

来週は18日火曜日
11時ごろから山脇市議
13時ごろから村川みどりが質問します!
せひおいでください♪
コメント(0) 

一般質問1日目 [仕事のこと]

今日から6月議会一般質問がはじまりました。
藤原団長の質問
1.操車場跡地利用計画について
新たな駅の需要調査について示せ。
→2月25日付け県からの回答では、利用見込み者データや効果や影響、新駅の整備箇所の
 情報提供の依頼があり、5月中旬から利用意向調査をアンケートにより実施。
 近隣住民・事業所・高校生などを抽出し実施。集計後県に情報提供を行う予定。
◎広域避難所としての位置づけがされているが、防災上アリーナ建設との整合性を
どう考えているのか?
→アリーナ建設とは別に検討されるもの(?よく聞こえなかった)
緑の基本計画においても、災害時の延焼遮断帯を設けることになっている!
広域避難所としての位置づけも含めて考えていくべき。

2.会計年度人用職員制度について
基本的考えとスケジュールと労組や職員との合意のもとすすめるべき
→地方自治法の改正により令和2年度より導入される。やる気の向上や
 雇用の安定のために導入されるもの。給与・勤務条件・能力の実証など職員に準じたもの。
 国が作成したマニュアルに基づき、改正法施行4月にあわせ、設定運用を検討している。
 円滑にすすめるために、全庁把握につとめ、県や近隣市町村との情報交換をし、
 遺漏のないよう準備を進めている。

待遇・手当て・社会保障・更新期間などを確認したものの、公務員版ブラック企業のような
内容に驚くばかりの中身となっている。コレ本格的に実施されたら、大変なことになる[exclamation×2]

3.点字ブロックについて
盲学校周辺の道路に点字ブロックの設置を
→昨年から盲学校関係者や町会関係者、警察などとの現地調査を行ってきた。
 何が一番いいのか探っていきたいと答弁。

さて、明日は1番目に赤平市議が質問します。
1.合葬墓について
2.空き家対策について
3.障害者支援について
ぜひ、傍聴においでください♪
コメント(0) 

一般質問4日目 [仕事のこと]

今日は私の一般質問の出番でした。

1.医療的ケア児の支援についてー本市の「医療的ケア児数は?
→未就学児11人、小学生5人、中学生0人、高校生9人
●協議の場の設置が遅れている理由は?
→県が広域でやれないかと要望があったが、現在検討中
まずは一歩踏み出すこと!

2.放課後児童会についてー基準の見直しが行われようとしていることの市の見解
→市条例に基づき、現在は支障をきたしていないので、適性に安全性と質の確保に努める
いまやるべきことは、基準の見直しではない。支援員の社会的地位向上だ。昇給もなければ、ボーナスもない、支援員さんが長く働けるようにすることが、子ども達の健やかな発達を保障することに繋がることを強調

3.教育行政についてー教員の長時間労働是正のための課題は?
→授業準備と事務負担と部活動にある。
 しかし、市として多忙化解消指針を策定し取り組んできた。
 4月からは公務支援システムがはじまり、事務の簡素化、効率化、縮減に取り組む。
●標準授業時間を越えている学校数小5と中1で示せ。
→小5で70時間以上は14校
 中1では70時間以上はなく、36時間から70時間が6校
文科省自体が標準授業時間を大きく上回ったことは見直しを対象としたことや、教師の負担増加に直結するもので、行うべきでないという事にふみこんでいる。市教委として着手していくべきだ
→もろもろの事情がある・・・との見解。
●変形労働時間制の導入については?
→現段階では導入する考えはない!
●アンケートには『持ち帰り残業が増える」という声を少なくない。
市教委として把握する考えは?
→現段階では持ち帰り残業を把握する考えはない
本気で教職員の長時間労働に取り組むつもりならば、持ち帰り残業もしっかり把握する必要がある
●○○教育という上からの押し付けられる業務が多すぎる。体育デーや中体連の開会式の練習
全国学力テスト、自治体独自の学力テストなども大胆に削減に踏み出すべき!
学校の「給食の集金」を学校から市教委に移すべき
→行われている。(?)
まだ残されている分野もあり、市教委の判断で削減に踏み出すべきだ。
●市内中学校で「黙想・黙食・黙動」というポスターが貼られている。知っているか?
→知っている
●市教委の受け止めは?
→特に問題ない
●守らない子どもの名前を書き、報告させ、謝罪させる!これは教育か?
→好ましくない。事実であれば対応する。
子どもから言葉を奪い、黙ることを強制する。表現の自由を奪っていることに他ならない
●昨年8月にだされたいじめ防止審議会報告書には、学校や教員、地域が勝手に作った校則や
ローカルルールが「相手を攻める材料になりやすいことを踏まえ、規則が適切なものであるかどうか、
生徒の参加を前提として見直しを図ることも大切」とあるが、報告書が現場に徹底されていれば、
この報告書に沿って見直しされる問題ではなかったか!
どのように徹底されているのか?
→校長会を通して内容を確実に伝えるように指導している。
先生の労働環境改善なしに、子どもの教育条件の改善はなく、一体のものであり、教員の長時間労働是正に抜本的な改革に踏み出すことを強く求める

4.浪館どおりの歩道融雪延長について
→県に伝える。

4日間の一般質問が終わった。

最後まで読んでくれてありがとう[るんるん]
コメント(0) 

一般質問3日目 [仕事のこと]

今日は天内市議の質問

1.地域医療についてー(株)フィリップスジャパンと協定を締結したが、その内容は?
→目的は健康寿命延伸であり、ITを活用しデータの蓄積分岐するセンターを設置。
 現在、連携推進ワーキンググループを立ち上げ協議している。
●運営形態は?
→お答えできる段階ではない
●新聞では数年間?とあるが期間限定なのか?
→2020年開始を目指す。
●個人情報はどうなるのか?
→万全を期す

2.外国人労働者の受入れについてー市の見解は?
→国の動向を注視していく
●ゴミだしや交通ルールのマナーの徹底を行うべき
→多言語のチラシを配布し、マナーの周知は必要

3.出産や病気による講師等の補充状況を示せ
→3月1日現在、1ヶ月以上の休んでいる講師49名中41名補充している。
 県教委が補充すべきだが、受験生の減少や講師希望者も減少しているため
 補充に苦労している。
●学校現場も苦労しているが、県教委も苦労しているのでは?
→講師登録名簿を作成し欠員補充して、その中から派遣してもらっているが、
 どんどん消えていくため、足りない。募集に全力を注ぐ。

4.浪岡の除排雪について
除排雪司令と雪盛りについて
→随時パトロールをして、支障があれば随時司令を出し、必要があれば直営で実施。


さて、明日は4番めに私村川が質問します、2時前後から始まります。
5番目に、山脇市議は3時半過ぎごろに質問します。

なお、私の質問は
1.医療的ケア児の支援について
2.放課後児童会について
3.教職員の長時間労働の是正について
4.浪館通りの歩道融雪について
以上の4点を質問します。
インターネット、ケーブルテレビでも見れます。
応援してもらえると燃えます[exclamation×2]

コメント(0) 

一般質問2日目 [仕事のこと]

一般質問2日目

赤平議員の質問 
1.児童虐待について、市の取り組みを示せ。
→情報提供があった場合、聞き取り、把握に努め、市職員が面談し、
 48時間以内に安否確認をしている。早期発見に努めている。
 要保護児童対策協議会を開催。代表者会議を年1回。
 実務者会議を年6回、庁内ネットワーク偶数月に開催。
 子育て支援センターに相談員1名増員し、連絡調整を担う。
○虐待に繋がる前の対応、特に親への支援が必要。相談件数は?
→H27 319件 H28 671件 H29 849件
 利用者支援事業のリーフを作成し、広く周知している。専門員社会福祉士1名配置。
 H29から民生委員児童委員に対しても周知し、認知度が高まっていると認識。
○人事異動などで途切れることがないよう継続支援と高い専門性が求められる。
→記録表を活用し、ミーティング市ながら応報共有している。
○関係機関との連携が必要。
2.空き家対策について
3.保育事業について、質問しました。

万徳市議の質問では
1.市民病院の年金・障害者手帳・難病助成など公的申請時の
  診断書料金改定の考え方を示せ。
→自由診療であり、自由に設定できる。これまで見直しを行ってこなかった。
 もともと低い設定だった。自治体病院の間で差が生じないようにするため県病と同額とした。
○横並びにする理由は?
→県内では8000円としている自治体あり、地域の自治体病院と差が生じないようにした。
○これまで見直ししてこなかった理由は?
→把握していない。料金の適正性を考え、差が開いてしまうことは好ましくない。
○激変緩和措置を考えるべき
→公的な給付のものであり、複雑なものが多い。医師の負担の対価である。

(私の心の声)
いったい誰のための値上げなんですか?市民のため?病院のため? 市民から要望があがっていたんですか?医師が負担の対価を求めたんですか?価格の適正化をして誰にメリットがあるのか?差が開くことを好ましくないと思っている市民はどれくらいいるんですか?
私も診断書の作成に医師と一緒に関わってきたことがありますが、
確かに計測やら検査やらたくさん書き込む必要がありますが、
それは、患者さんがその診断書できちんと認定され、制度を活用できるように
サポートするための診断書だと認識しています。
それなのに、その前段階で患者さんを苦しめてどうするんですか[どんっ(衝撃)]
(私の心の声終了)
そのほか
2.農作物への鳥獣被害について
3.市営住宅の敷地内通路、駐車場、屋根雪の除排雪について
4.生活保護について
5.手話研修について、質問しました。

今日は新人二人ががんばりました。
明日は休会で、来週月曜日から一般質問が行われます。
3月4日5時過ぎくらいから、天内市議が一番最後に質問します。
3月5日は2時くらいから村川みどり
      3時半くらいから山脇智が質問します。
ぜひ、傍聴にいらしてください[るんるん]
コメント(0) 

一般質問1日目 [仕事のこと]

今日から一般質問が始まりました!

藤原団長の質問
1.消費税増税は市民生活を破壊するため、中止すべきと思うがどうか?
→全国市長会、中核市市長会では、国に対し確実に実行するように
 要望を行った。本市もこれに賛同し、必要な財源が確保されるべきであると認識。
○公共施設の使用料手数料の根拠は?
→消費税法第4条で、円滑に適切に転化すべきものとされている。
(周りから質問に応えていない!の声あり)
○使用料手数料に転化するのは義務なのか?
→(同じ答弁を繰り返す)消費税法・・・云々かんぬんと。
○自治体で判断できるもの!2014年8%増税の際、当時の鹿内市長は、
 経済に悪影響を与えることや多くの国民が賛成できない状況で、市としても
 対応せざるを得ないとして、普通会計以外のみ改定することにした。
 自治体で判断できるはず。
→平成26年4月市の経営努力で賄う判断をしたものの、結果として 
 年度途中で55億円の基金の取崩しを行い、平成27年度も基金を取りくづしている。
○年間で消費税増税分でどれくらいになるのか?
→一般会計5100万円
 企業会計水道事業1億8000万 下水道会計8200万円 バス事業800万円
○一律に2%引き上げるのではなく、その施設の目的に照らして相応しい料金の
 検討はされたのか?
→(同じ答弁繰り返す)消費税法・・・云々かんぬん
どっかの政権のようにご飯論法に終始。応える材料がない証拠!
○市内の経済に与える影響について、低所得者の負担が軽減税率で減るのか?
→負担が減ると認識している。
○軽減税率が役に立つと認識しているのか?
→国として全力で対応するといっているため、十分になされると認識。
○日本商工会議所は軽減税率とインボイスに反対している。
青森の商工会議所はどうか?
→他団体のことで紹介する立場にない。
○市として商工会議所に聞いてみるべきでは?
→適切に対応したい?(答弁になってないってば)
今回の議案の撤回と業者の声を聞くことを強く求める。

2.操車場跡地について東西北側の接続について
→アリーナと同時期に整備していく。
 新駅は県にこれまでの要望してきた。
総事業費は
→事業費は98億円(アリーナ67億、多目的緑地周辺整備に31億、)
 さまざまな補助金交付金を活用に、市の負担は45億円程度と見込んでいる。
○財政プランは作っているのか?
→10月頃策定予定。
○周辺住民から心配や苦情が寄せられているが、周辺住民の声を
聞く機会を設けるべき
→説明についても検討していく。
東側西側北側の土地の活用方法や現状から見ても、
大きな問題が山積みとなっている、ことを指摘した。

さて、明日は11頃から赤平議員、13時半ごろから万徳議員が質問します。
こぞって傍聴においでください[るんるん]
コメント(0) 

質問通告 [仕事のこと]

今日は3月議会の質問通告日でした。
日本共産党の質問日程をお知らせします。

2月27日(水)藤原浩平 5番目
1.市長の政治姿勢について
  ①消費税増税について
2.操車場跡地利用計画について

2月28日(木)赤平勇人 2番目
1.空き家対策について
2.児童虐待問題について
3.保育事業について

万徳なおこ 3番目
1.市民病院及び浪岡病院の手数料について
2.農作物への鳥獣被害について
3.除排雪について
4.生活保護について
5.手話講習について

3月4日(月)天内慎也 6番目
1.地域医療について
2.外国人労働者の受け入れについて
3.教育行政について
4.浪岡地区の除排雪について

3月5日(火) 村川みどり 4番目
1.医療的ケア児の支援について
2.放課後児童会について
3.教育行政について
4.地域問題について
   ①浪館通りの歩道融雪について

        山脇 智 5番目
1.雪対策について
2.建設残土について
3.国民健康保険について

ぜひ、傍聴においでください[るんるん]
コメント(0) 

予算特別委員会2日目 [仕事のこと]

今日は予算特別委員会2日目

天内市議の質問
1.浪岡墓地公園についてー駐車場の増設をする考えは?
→今年8月13日午前午後職員が駐車場の調査をおこなった。
 入り口付近に80台の駐車場と園路を利用ているため、不足していない。

2.五本松児童館のカメムシ対策を
→箒やペットボトルを利用したり、殺虫剤や定期的な草刈等実施しながら、
 対策を検討し、子ども達の遊び場確保に努める

3.農業についてー黒星病の耕種的防除を取り入れてみてはどうか?
→効果がある方法である。県や農協と連携し耕種的防除の実施に努める。

藤原市議の質問
1.アリーナへの大型バスの乗り入れルートについて
→施設の機能や規模が決まり次第検討していく。
これまで検討したことはあるのか?
→施設の規模や機能の応じ検討していく。
イベントなどがあれば、当然大型バスの乗り入れがあるが、
大型バスのルートの確保は非常に厳しいと指摘1

2.除排雪についてー除排雪の下請けに委託して件数は?
→38社を承認した。
○原別分署前の通りは、下請け業者が行っている。すり鉢状態になり、
 バスがすれ違うことができなくなる。こうした状況を解決すべき?
→丁寧な除排雪に努める!

今日で2日間の予算特別委員会が終わった。
あとは閉会日で、今年の公務が終わる。
コメント(0) 

予算特別委員会1日目 [仕事のこと]

今日から予算特別委員会がはじまりました。

私の質問では
1.風疹対策について
12月11日国において、3年間無料にすることを発表した。どのように対応するのか?
→現在、国において内容が検討されているため、適切に対応していく。
 市職員の対策は→国の動向を注視していく
 市民病院職員は→H25年全職員の抗体検査を実施。その後は新入職員に対し抗体検査を
             義務付けている。
 教職員は→国の動向を注視していく。
○予防接種を受けやすい体制整備を当然必要だと考えるがどうか
→適切に対応していく。
(国の指示待ちではなく、自治体として今どうしなければならないのか?判断すべきだ!と強調した)

2.重症心身障害者医療費受給証と障害者手帳について
なぜ更新手続きが遅れたのか?
→今回の場合、やく2ヶ月半かかることを通知しているため、遅れたという認識はない!
○市の認識と市民の認識のずれがこうした懸念に繋がっている。
 市民に対し、「いつまでに更新してください」とか丁寧な通知をすべき?
→期限をつける通知は難しいが、市民の意見をうかがって今後工夫していく。

3.指定管理者制度についてー指定管理者の障害者の雇用数と内訳は
→12月現在171施設中8施設16人に障害者を雇用している。
 (身体障害11名 知的障害が5名)
○現在の選定基準だと「やる予定です」「努める」だけで点数が配分される仕組み。
5年間の指定管理の中できちんと雇用されるよう検証すべき?
→所管課によるモニタリング年2回、選定評価委員会によるモニタリング年2回実施している
○厚労省が示す障害者の雇用率2.3%を目標にしながら、障害者の方が安心して働ける
職場作り、安定的に雇用される制度にしていくことが求められる!

4.教育について
①「学校スタンダード」について市の認識は?
→到達目標や学校規律、全ての子どもが目当てをもって学習に取り組むことができるよう
 具体的なめやすが必要。発達段階に応じた配慮を行っている。
○「学校スタンダード」は必要だという認識でよいか?
→学校は文化を伝えていくところ。ある程度のめやすは欠かすことができない。
 学習活動を円滑に進めるめやす、約束ごとは必要
○大人が勝手に決めたルール、子どもをコントロールするための学校スタンダードによって
多くの子どもが苦しんでいる姿が見えてきます。学校は機械をつくるところではありません。
失敗しながら、先生や子ども達がふれあい豊かな成長を生み出していく場所です。
先生と子ども達にもっとゆとりある学校にしていく必要があると思っています。

②学校のバリアフリー化について、市のかんがえを示せ。
→車椅子が利用しやすいスロープや段差の解消、多目的トイレなど、
 バリアフリー化に努めている。
○西中改築時に、足に障がいがあること子どもが入学することになっている。
 建替える今だからこそ、その子どもが移動し安心して学校生活が送れるように
 「エレベーター」を設置するべきと思うがどうか?
→設置する考えはない
○随分冷たい青森市市政になってしまったこと。設置しない理由は?
→現在も段差解消やできる限り快適に過ごせるよう配慮している。

③図書館での迷惑行為について、市の対応について示せ
→秩序を保つよう厳正に対応していく。
高校生や中学生、小さな子どもも利用する図書館においては、
こうした迷惑行為を行う市民に対しては、厳正に厳格に対応してほしい!

来週月曜日も予算特別委員会2日目が行われます!
市民の方も傍聴できますので、興味のある方はぜひおいでください。
コメント(0) 

一般質問4日目 [仕事のこと]

私の一般質問の日でした。

1.就学援助について
世帯収入額の目安をなぜチラシやホームページに掲載しないと判断したのか?
→非認定になるなどの誤解を与えた。目安が高く申請機会を抑制するなど、
 幅広く申請していただくようにするため、掲載を控えることとした。
○「誤解を与えたケース」は、申請件数中の何件であったのか?
→調査していない
件数すら把握していないってどういうこと!
○中核市ではどうか?
→調査していない。東北では、5都市中3都市。
調査すらしていないってどういうこと!
一体、どうなったんだ教育委員会[どんっ(衝撃)]

2.市民病院についてー5時間半の待ち時間となった原因と対策を示せ。
→予約患者、紹介患者、急患5名など診察を終わったのが午後の17時半。
 消火器内科は診察が長くなる!と伝えている。医師の数も限られており、
 ご理解いただきたい。
○10時に来るように伝えられていたが、一体予約が何人入っていたのか?
→当日は予約患者が66人。頼診という違うルートとなっている。
○5時間半の外来で看護師からひところも声掛けもなかったというが本当か?
→事前に診察が長くなることを伝えている。
診察までに待った時間5時間半も待たせておきながら、一言の声掛けも説明もないって言うのは信じられないというかいえない。
さまざまなデータ示し、待ち時間調査を行うことを求めたが、やるつもりはない!と強弁した。本当に市民の皆さんに信頼される市民病院にナってほしいと願っている。

3.風疹対策についてー予防接種の窓口無料化を実施すべき
→ここに状況も様々だし、料金設定の違うため、無料化はやる考えはない。
○現在、いったん窓口に支払って、後で戻ってくる償還払いになっている。
 窓口無料にすれば、接種率も上がるのでは?
→お知らせチラシは広報などで申請方法の周知に努めている。
○抗体検査をして、すぐに予防接種しない人と、する人の理由は把握しているか?
→現状を知りたかっただけ。受けないと判断した・・・
(低抗体価の場合は、積極的に接種を進め、風疹撲滅に力をそそぐべきだ)
○現在の風疹は30代から50代の男性の感染が多い。その対策が必要だ。
市職員、市民病院、教職員の風疹対策は?と聞いたが、誰も応えられず。
行政職員から対策を講じるべき。
○2月4日風疹の日に特別な対策や企画を実施する考えは?
→ない

4、介護保険についてー生活援助ケアプラン届出制度の実績と認識
→市内では1件のみ。 地域ケア会議で検証、再検討を促す。包括的継続的なケアマネジメントができる。
○ケア会議メンバーは?
→看護師、社会福祉士、PT・OT,ケアマネなどを考えている。
○ケアマネが回数を越えないよう自主規制してしまうのではないか?
→利用者の自立支援のため、よりよいサービスにつなげていくことを目的としている。

今日は天内市議も質問しました。
小野寺市長は、天内市議の地域医療の質問に対し答弁にたって、
「天内議員は選挙の際、自らの機関紙(チラシ)に、『浪岡の医療を守った』と書かれていた。
共産党が与党の時代は、むしろ診療所化を進めようとしていたはずである。
その機関紙は事実誤認であり、ここに訂正を求める!」と攻撃してきた。
コレに対し天内市議は
「私一人で浪岡病院を守ったとは一言も書かれていないし思っていない。
そのチラシには、住民とともに取り組んできた!と書いている。
また、浪岡の元小倉議員や長谷川議員とも一緒になって「浪岡の医療を良くする会」を
作って、浪岡の住民と共に取り組んできたものである」と反論!

しかし、市長の拡大解釈というか、ひねくれた解釈は
どうにかならないもんかね~
コメント(0) 
前の10件 | - 仕事のこと ブログトップ